今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2008/12/21
松葉がにを求めて、山陰海岸ぶらり

円山川温泉を後にして、次はばあちゃんとの約束の松葉がにを捜す事にする。コー
スは、海岸沿いの道をひたすら西に向かう事にした。まず城崎温泉街を突き抜けて
竹野町へ。初めて城崎温泉を通り抜けたのですが、沢山の人でびっくりしました。
外湯らしい大きな施設はすごい人ですね。

竹野町に入って直ぐ松葉がにの幟に誘導されて、辿りついたのは増田商店さん。こ
のお店はネット販売もなさっているようです。左奥の建物ではランチもなさってい
ました。
01



小さなお店ですが、奥の水槽には活き松葉が大量にある。高いのは買えないので、
いつもの様にちょっと訳ありの様なのを捜す。ありました、ありました、こちらは
冷凍品を解凍したものだそうです。持ってみるとかなり思い。解凍でなければ7,8
000円ぐらいのものでしょうか、早速2枚購入しました。ピンクのタグは柴山港
のものです。おばあちゃんはとても美味しかったと喜んでくれました。
02



次にお伺いしたのは、柴山港のかに一番館さん。こちらは4店舗入っておられます。
03



[松葉がにを求めて、山陰海岸ぶらり]の続きを読む
  1. 2008/12/21(日) 22:45:35|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

2008/12/21
豊岡市 円山川温泉 再訪

久美浜湾から11号線に向かい、峠を越えて6km程進むと円山川にぶつかる。そ
して港大橋を渡る時、川向こう右手に目的の円山川温泉の大きな建物が見えてきま
した。と言う事で前回とは逆方向からお伺いしました。
幟の向こうにかすかに見える橋が港大橋です。
01



12時半でしたが、駐車場は3台程、前回同様ひっそりとしています。入浴料は
500円です。早速浴室へ、入るや否や気付くのは特徴のある硫黄臭です。湯気
がもわーと立ち上がる中湯船に浸かる。湯温は若干ぬるめ、じっくり入れる。先
客は4名でしたが、露天には一人もいない。寒いだろうなーと思いながらも、露
天に向かう。
02



やはり、ぬるい。体感温度で35、6度ぐらい。源泉の注ぎ口横から動けない。
しかし、じっとしていたらだんだん慣れてきたようです。外気温は冷たいので、
首まで浸かって、庭の山茶花を眺めながら一時を過ごす。さすがに誰もやって来
ない。
03



[豊岡市 円山川温泉 再訪]の続きを読む
  1. 2008/12/21(日) 22:30:13|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2008/12/21
京丹後市久美浜町 風蘭の館

たかおさんの紹介記事を読んでいたら無性にカキが食べたくなってしまった。急な
思いつきとしてはかなり遠いがよこりんの強い要望で行く事に決定。当然ながら円
山川温泉の立ち寄りも計画に入れる。ばあちゃんには、松葉ガニの約束をしておく。
8時前に我が家を出発し神鍋を越え、豊岡経由で京丹後市久美浜町に到着。久美浜
湾の西側を日本海に抜けるとそこは蒲井漁港。漁港の一角の高台に今日のお目当て
風蘭の館」がありました。それにしても遠い。同じ山陰海岸と言えここは京都府
我が家からは150km、3時間です。
01



入店すると、そこは受付があります。実は宿泊施設にもなっていて、建物の右側が宿
泊棟で左が蕎麦のお店です。11時前ですが、一番乗りでした。
02



さて、こちらがおそばのメニュー。今日は冬期限定のかきそばをいただきます。
03



[京丹後市久美浜町 風蘭の館]の続きを読む
  1. 2008/12/21(日) 22:15:56|
  2. 蕎麦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

2008/12/20
岩美郡岩美町 くいもんや さざなみ 再訪

今日は冬とは思えないとても暖かな一日。時折吹く風もなんだか春一番のような感
じ。東に向かってお出かけしました。と言っても午後2時からは所用があるので遠
出はできません。途中白兎のとても穏やかな海にはサファーが沢山。波はないけど
寒くないから気持ち良いでしょうね。

食事ができるとの情報で岩井窯まで行ってみましたが、食事は予約が必要でした。
Cafeはいただけるようでしたが、時間がないので岩井温泉に向かってみる。
まだ未湯の明石家さんにお伺いしてみましたが、入浴は2時半からとの事。残念!
今日は温泉はあきらめて、食事に向かいました。岩井温泉からの帰路の途中にある
岩美町 くいものや さざなみ。2年前の12月に来ていました。
01



入り口には今日のおすすめが書いてあります。シンプルだが心ひかれる。
02



早速入店しますが、どうも満席状態。座敷のテーブル席は全て予約で埋まっている
らしい。カウンター席は7席ぐらいあるが2人分は空いていないので、空くまで車
で待機していました。お客様が次々いらっしゃいますが、皆さん満席で残念の様で
す。15分程待ってやっと席に着く事ができました。
こちらがおすすめ定食メニューです。
03



[岩美郡岩美町 くいもんや さざなみ 再訪]の続きを読む
  1. 2008/12/20(土) 23:15:06|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2008/12/13
大山町富長 BIKAI

御来屋漁港で食事をした後、米子でお目当てのものを捜すが、いいものがなかった
ので、今日はさっさと引き上げます。帰路の途中、ちょっと休憩にBIKAIに寄
ってみました。いつも同じアングルになってしまうなー。
01



入り口にはランチメニューがあります。今日は食べないけど、美味しそうだなーと
しばし佇む。
02



1時半過ぎでしたが、2Fはガラーンとしてます。なので、ちょっと店内を。こち
らは窓際でない方です。トレードマークの背の高いソファー。
03



[大山町富長 BIKAI]の続きを読む
  1. 2008/12/13(土) 23:15:28|
  2. 喫茶・cafe|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2008/12/13
大山町御来屋 地魚料理 恵比須

今日はこちらで紹介されていた新しいお店に行ってみました。
大山町御来屋漁港に新しく鮮魚直販店「お魚センターみくりや」ができ、その中に
食堂「地魚料理 恵比須」がオープンしたそうです。
01



1Fがお魚センターで1店舗での営業です。地元御来屋で獲れたものや、境港産の
ものなどが販売されています。
02



御来屋と言えばワカメとサザエでしたよね。さっそくサザエご飯(400円)を購
入。その時は、まだ温かかったのですが、夜頂く事にしました。大きめのぶつ切り
サザエがごろごろ入っていて、美味しく、とても得した気分になりました。
03



[大山町御来屋 地魚料理 恵比須]の続きを読む
  1. 2008/12/13(土) 22:45:33|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2008/12/07
鳥取 カレーとチャイの店 アジパイ(asipai) そして 賀露で松葉がに

ル・コションドールで美味しそうなパンを購入できたので、運転しながらちょっと
食べようかなと車を進めると、最近ネットで紹介してあったお店を発見。パンは後
で、と言う事で早速入ってみる。カフェ・Latteの向かいに出来たカレーとチ
ャイのお店 アジパイ(asipai)。
01



割りと広い店内です。テーブル席x5、カウンター席x2程あり、外から見た目よ
りずっと広いです。デコレーションはとてもアジアンチックで、流れている曲はイ
ンドの音楽。
02



道路に面したカウンター席でいただく事にしました。壁はパステル調で、とっても
くつろげる空間になっています。
03



[鳥取 カレーとチャイの店 アジパイ(asipai) そして 賀露で松葉がに]の続きを読む
  1. 2008/12/07(日) 23:45:39|
  2. カレー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

2008/12/07
八頭郡 船岡美人温泉 と 鳥取 ル・コションドール

最近は岡山の温泉ばかりでしたので、久しぶりに鳥取の温泉へ。よこりんが未湯で
ある八頭郡 船岡美人温泉へ。とてもツルツルで印象深い温泉です。1時過ぎでし
たが、車は3台程。
01



休憩室では湯上がりの方が座敷でくつろいでTVなどみておられる。ここの難点は
分煙がされていない事。湯上がりの人にはちょっと辛いですね。
02



入浴料は500円です。結構大きめの湯船で、バブルも出てます。そして、循環で
すが塩素臭は感じない。入るやまとわりつく様なぬるぬる感。(つるつる感でなく)
これが楽しみなんですね。今日は30分と決めていたので、さっと浸かった感じ。
03



[八頭郡 船岡美人温泉 と 鳥取 ル・コションドール]の続きを読む
  1. 2008/12/07(日) 22:35:34|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2008/12/07
鳥取市国府町 吉野そば

国府町のアトリエ小学校手前あたりに地元の方が開かれる蕎麦屋あると言うので早
速行ってみました。アトリエ小学校手前と言えば「門や」ですが、違う蕎麦屋さん
らしい。そうしてたどり着いたのは、「ふれあいの里吉野の館」。ここで、地元の
方が日曜のみ蕎麦を提供されています。
01



お蕎麦いただくのは、この広~い畳の部屋。さすが集落の集会所ですねー。この感
じは、関金の水車の郷と全く同じです。
02



お品書きのようなものも無く、待っているとおばちゃんがお茶を持ってきて、説明
される。かけとざると天ぷらがあるようだ。かけとざるをお願いすると、おばちゃ
んが天ぷらはどうですかと薦めてくる。ついお願いしますと言ってしまう。おばち
ゃん商売上手ですねー。結局値段は不明のままでした。帰りの支払いの時にやっと
わかったのですが。
お蕎麦が出来るまで、蕎麦カリントをいただきながら待つ。昨日の寒さはどこに
いったのか、とても暖かい日差しが部屋に注ぎ込み、なんだか小春日和な感じ。
03



[鳥取市国府町 吉野そば]の続きを読む
  1. 2008/12/07(日) 22:11:46|
  2. 蕎麦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

2008/12/06
赤碕 堂後

昼食後、ばあちゃんに頼まれたカニでもと思って近くの大型ショッピングセンター
にある新鮮市場に向かう。市場でざーと見て回る。隠岐産の松葉がになども割りと
お手頃な感じ。境港の市場より安いかもと思いながらも、手を出さずショッピング
センターの魚売り場に向かってみる。ここにロシア産の活き松葉がにが980円で
売られている。早速、触ってみるがいまいちぐったりしている。手で重さを計り首
をかしげながら、大きさもそれ程で無いので諦めかけていたら、お店の方が奥から
一箱持って出てきて、良さそうなのを目の前に並べてくれる。こちらは、元気いっ
ぱいで足を勢いよく動かしている。大きさもはるかに大きい。なんだか得した感じ
で飛び付いてしまい、4枚お買いあげ。身の詰まり方は値段相応でした。

今日は時折小雪混じりの寒い一日でした。こんな寒い日の小腹にはラーメンがぴっ
たりかなと、夕方4時と言う中途半端な時でしたが、赤碕のお店に向かいました。
初めてでしたが、駅前と言う事で難なく辿り着けました。赤碕駅前の五差路の交差
点の角にある「堂後」。
01



営業中の札は掛かっているが戸口は鍵が掛かっているようで、もう一方の入り口に
回ってみるがこちらも同じ状態。どうしたものかと思案していると、近所のおばち
ゃんらしい方が、「お店の方は所用で近くにいっているので呼んできてあげる。」
と言われたのでお願いして、車で待っているとお母さんが帰って来られました。
お店は両側に入り口があり、両側にカウンター席があるだけのとても狭い、不思議
な空間でした。
02



寒いねーと言いながらお母さんがストーブに火を点けてくれる。そのストーブを二
人で抱えるようにしながら、ラーメン(500円)をお願いします。脂は普通で良
いかと聞かれますので、普通でお願いする事にしました。他に小ラーメンとスペシ
ャル中華なるものもありましたが、どう違うか聞きそびれてしまった。
03



[赤碕 堂後]の続きを読む
  1. 2008/12/06(土) 23:46:00|
  2. 中華料理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
前のページ 次のページ

ひさごん&よこりん

11 | 2008/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search