今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2008/12/28
但東 シルク温泉館 と 但熊

せっかく豊岡までやって来ているので、ちょっと足をのばして但東 シルク温泉館
行ってみる事にしました。この温泉は、かなりツルツルするらしい。初めてなので、
よく分からずやまびこ駐車場に車を止める。1台も止まっていないので、なんだか
変だなーと感じながら、坂道を上っていった所は、やまびこと言う宿泊施設でした。
お目当ての温泉は、隣の施設、まー同じ施設内。裏口からの訪問となりました。(笑
01



入ってみて、びっくり。人で溢れかえっているのではないですか。よく見るとまとも
な駐車場がすぐ前にあった。広い休憩場所や特産品やお土産のお店、赤花そばのお
店などもあります。
02



入浴料500円、早速浴室へ。内湯には大きな円形の浴槽があります。まずは、浸
かって腕を撫でてみるとトルゥ(どーもさん表現)っとする。はっきりと温泉を感
じられる浴感ですね。その他寝湯とうたせ湯があります。内湯内は湯気でもうもう
としていて、人の姿がよく見えない状態でした。

次に露天へ。石組みの大きめの露天があります。冷たい風を顔に受け、白くなって
いる遠くの山々を見ながら、しばしくつろぐ。しかーしここで事件が。一人のおじ
さんが軽い足取りでさーと入ってこられましたが、スルーと滑り出し、見事に仰向
けに。大丈夫ですかと声をかけましたがなんともなかったようです。確かに入る時
ちょっと滑りやすいなーと感じてましたからかなり注意してました。そのまま10
分程すると、今度は若い方が勢いよくザブっと入って来られましたが、またもや見
事に滑って、足から潜水されました。
なんと言いますか、「トルゥトルゥの潜水の湯」とでも命名したい。後から聞いた
ら、よこりんも露天でトルゥ潜水したそうです。恐るべし。

この露天の脇には飲用源泉がある。早速飲泉してみる。かすかに塩味がしてちょっ
とマズイ。そして、もう一つの露天は直径1.5mぐらいのミニサイズ。こちらは
源泉掛け流し、しかし消毒あり。入ってみると、ありゃりゃ冷たい。39.4°と
書いてありましたが、体感は水の感じ。それでもじっとして慣れてきたので、その
ままかなり浸かってました。注ぎ口の源泉はもう少し暖かいのですが、チョロチョ
ロです。湯の色は、他の浴槽と違って薄茶色になっていました。

源泉は2つあるそうです。掛け流しの露天は第2源泉でした。
03



[但東 シルク温泉館 と 但熊]の続きを読む
  1. 2008/12/28(日) 23:15:54|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

2008/12/28
豊岡 レストラン デリー

毎年、飛行機で帰って来るぱるぴですが、今年は所用で京都経由で帰ると言う。
ならば途中で合流しようと豊岡まで来る様に指令を出しておく。1週間前にも豊岡
辺りをうろうろしてましたが、今週もとは思ってもいなかった。12時前に豊岡駅
でぱるぴをひろって、ランチに向かう。今日お伺いしたのは、豊岡 レストラン
デリー
。事前に調べていたのですが、但馬牛ステーキや自家製天然酵母パンなどあ
るらしい。
01



店内はクリーム色で、天井も高く落ち着いた雰囲気でした。
02



メニューはコース料理が中心。そして、ステーキもありました。今回メニューを撮
り忘れてしまった。よこりんとぱるぴは魚料理のそれぞれ別のものをお願いしよう
としたら、お店の方(女性)にどうせなら同じ物にされたらとすすめられ、高い方
にしてました。(笑 
ひさごんは、なにも考えずステーキを。

魚介のコース(3150円)。オードブル、スープ、パンorライス、メイン、デザ
ート、ドリンクとなっています。
こちらがオードブル。ローストチキン、牡蠣のフライ、イカとアボガドのサラダで
した。なんだかジューシーなカキフライがとても美味しかった。アボガドとイカはあ
まり合わないかな。
03



[豊岡 レストラン デリー]の続きを読む
  1. 2008/12/28(日) 22:45:31|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひさごん&よこりん

11 | 2008/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search