今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2011/08/06
境港市渡町 Pasta & Pizza RUMBLE(ランブル)で驚愕のカルツォーネ

島根3湯巡りを楽しんだ後は真っ直ぐ帰路に就きます。松江を過ぎた辺りで、途中
どこかで食事をして帰ろうとなり、どこにしようかと思いだそうとしますが、ぱっ
と思いつく所もなく、6月にランチでお伺いしたお店に問い合わせてみると、大丈
夫との事で予約できました。再訪したのは、境港市渡町 Pasta & Pizza  「RUMBLE
(ランブル)
」さん。暮れかかろうとする空に、お店のピンクが浮かび上がっています。
01



2度目なので、店内の色にはもうびっくりする事はありません。前回同様今日もソ
ファー席でいただく事になりました。

さてメニューを見ながらどうしようかと悩みます。前回のピザの印象がよかったし、
パスタも捨てがたい、アラカルト、メインもいろいろ揃っています。前回の記事の
コメントでののさんがすすめて下さった牛ホホ肉の赤ワイン煮込みもあります。
トリッパと野菜のトマト煮込みなどと言うマニアックなものもあります。迷ってい
ると、今日の黒板メニューが運ばれて来ました。
02



そう言えば今日のランチも同じ様だったなーと思いながらも結局、軽めのものをチ
ョイスしました。ののさん紹介のメインは持ち越しとなりました。持ち越しとなっ
たメニュー達はこちら。(笑
03



[境港市渡町 Pasta & Pizza RUMBLE(ランブル)で驚愕のカルツォーネ]の続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 23:45:01|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2011/08/06
雲南市掛合町掛合 塩ヶ平(しおがひら)温泉 掛合まめなかセンター

三瓶温泉から、東に進み今日の3湯目を目指します。54号線の道沿いにある公共
の温泉、雲南市掛合町掛合 塩ヶ平(しおがひら)温泉。通称は掛合まめなかセン
ター、誰も塩ヶ平温泉とは呼ばないで施設名の「まめなかセンター」で呼びます。
今まで何度となく通り過ぎたまめなかセンター、温泉と知ってはいたんですが何故
か入らなかったその温泉に今日は入ります。
01



公共の施設なので、トレーニング室、洋室、和室、コミュニケーションホールなど
あり、その一部に温泉施設が含まれています。

受付で温泉に入りたい旨を告げると、初めてと言う事で丁寧に浴室まで案内してい
ただきました。入浴料は300円で温泉は地下にあります。
02



早速浴室へ。左がカラン、右奥にこぢんまりとした浴槽、右手前にはサウナもあり
ます。第一印象は、茶色の析出物のすごさです。
03



[雲南市掛合町掛合 塩ヶ平(しおがひら)温泉 掛合まめなかセンター]の続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 23:25:14|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2011/08/06
三瓶温泉 亀の湯

今日2湯目の亀の湯なんですが、実は場所を全く調べていませんでした。案内でも
あろうと軽く思っていたのですが、先程の鶴の湯への案内はあっても亀の湯への案
内には気付きません。なので、鶴の湯でご一緒した親子連れの方に詳しく教えてい
ただき、辿りつきました。鶴の湯からは車で5,6分ぐらい。

三瓶温泉 亀の湯。源泉掛け流しと書かれていますねー。入り口が2カ所、男女別々
になっています。入ろうとすると、近くにいらっしゃった地元の方が「もう開いて
るかなー」とおっしゃる。えっと思って戸を引くと、「開きました」。どーもこの
時間開いて無い事があるようです。
01



入ってびっくり、ここは無人の共同浴場なんですね。入浴料200円の投入箱は男
女の入り口の中央にあります。写真手前が男湯入り口、向こうが女湯入り口。下駄
箱には靴がひとつもないので、誰もいらっしゃらない様です。
02



折角人がいらっしゃらないので、服を脱ぐ前に急いで写真を撮りました。一通り撮
り終えてから、ゆっくりと入る事にしましたが、先程写真撮りながら、これはすご
い湯にやってきたものだと実感。「うゎー」と小さく唸ってしまう程。

共同浴場らしく、休憩所はなく脱衣所のみといたってシンプルです。入浴料200
円もすばらしいです。

こちらが浴室の全景。天井はわりと高く、大きな長方形の空間にどっしりと横たわ
る湯船。とんでもなくインパクトがあります。
03





[三瓶温泉 亀の湯]の続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 22:55:03|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2011/08/06
三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯

今回、島根の温泉巡りをしようと思ったきっかけは湯遊人生の中国地方のクイズ
触発されたからです。三瓶周辺には行ってみたい温泉があちこちにあります。折角
遠くまで足を伸ばすので、駆け足にはなってしまいますが何湯か巡る事にしました。

さて、ランチの後は一気に三瓶温泉を目指します。と言っても結構いい加減でお目
当ての温泉の場所を知りません。とりあえずナビで三瓶温泉まで案内してもらう。
いつも思いますが、山間部のナビの案内ってかなりマイナーな道を主張するのです
が、今回はどうでしょうか。案ずる事もなく1時間後には三瓶温泉の道案内を発見。
そして今日のお目当ての温泉への案内もありほっとしました。

三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯に到着です。建物の左には志学薬師のお堂があり、その
横が駐車場になっていました。丁度同じ時に到着した親子連れ以外、車も止まって
いません。
01



手湯と書かれて、源泉が流れています。その湯受け石の茶色い事、三瓶の温泉にやっ
て来た実感が湧いてきます。初めてなので、ちょっとびくびくしながら入ると、受
付には誰もいらっしゃらず、発券機が故障とかで直接入浴料300円を入れて下さ
いの案内。こちらは無人なのでしょうか?。畳の休憩室もありますね。
02



はやる気持ちを抑えながらゆっくり服を脱ぎ、浴室へ。最初に目に入るのはこの光
景。幾度となく温泉関係のHPやブログで見た、どばどば掛け流されているあの湯
です。「やっと来ました」と言うのが実感でした。先程の親子連れの方と一緒でし
たが、先に上がられたのでその後写真を撮りました。
03




[三瓶温泉 志学薬師 鶴の湯]の続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 22:35:27|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2011/08/06
出雲市渡橋町 パスタ・リゾット REGARE(レガーレ)

今日は少し遠出をして、三瓶近辺の温泉巡りをすることにしました。三瓶系の茶色
に濁った湯に入るのは何年ぶりなんでしょうか。我が家から三瓶を目指すルートは
いろいろありますが、今回は山陰自動車道を一気に走って出雲経由で南下する事に
しました。

とりあえず軽く昼食でもと出雲市渡橋町 「REGARE(レガーレ)」さんにお
伺いしました。珍しくお店外観撮り忘れです。こちら、限定ランチメニューの案内。
01



店内はテーブル席x3とカウンター席ととてもこぢんまりとしています。カウンター
席の向こうはオープンキッチンでした。

限定ランチメニュー以外に、パスタ、リゾット、サイド、デザートなどのメニュー
も当然あります。こちらはパスタメニューです。こちらのニュースに毎日ランチメ
ニューが紹介してあります。
02



限定メニュー(1200円)には、スープ・サラダ・ドリンク付きます。よこりん
はこの限定ランチ。

ひさごんは、パスタメニューよりチキンとバジル風トマトソース(900円)。プ
ラスCセット(700円)。Cセットは、限定と同じくスープ・サラダ・ドリンク
となります。

スープとサラダ。冷製コーンスープはコーンの味がはっきりしている夏らしいスー
プでした。サラダに付いている赤いのはビーツ。もしかして、直にサラダでいただ
くのは初めてかも。
03



[出雲市渡橋町 パスタ・リゾット REGARE(レガーレ)]の続きを読む
  1. 2011/08/06(土) 22:15:48|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひさごん&よこりん

07 | 2011/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search