今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2016/04/12
九州・山口旅(7) 俵山温泉 「山口屋別館」と外湯「町の湯」

門司観光を足早に切り上げ、ひたすら走ってやって来たのは今夜のお宿がある山口県
長門市「俵山温泉」。とっても鄙びた温泉街に湯治宿が軒を連ねています。今夜の
お宿は温泉街の外れにある、民宿の様な「山口屋別館」さん。17:00(903km)到着。
01



俵山温泉のほとんどの宿は内湯がなく外湯を利用する昔ながらの湯治スタイル。その
中で山口屋旅館さんは内湯もあるお宿。外湯は、2カ所あり「町の湯」と「白猿の湯」
がありますが、なんと「白猿の湯」は工事中のため入浴不可との事。

早速「町の湯」へ向かいます。細い道の両側に小さな宿がひしめきあって並んでい
ます。昔の面影が残る木造3階の建物も多くあります。
02



少し進むと「町の湯」があります。営業時間が朝6:00から夜10:00までと長いです。
これも湯治温泉ならではですね。
03


[九州・山口旅(7) 俵山温泉 「山口屋別館」と外湯「町の湯」]の続きを読む
  1. 2016/04/12(火) 23:52:26|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2016/04/12
九州・山口旅(6) 「魔林峡・猿飛甌穴群・青の洞門」と「門司港レトロ館」

すでに10時過ぎ、今日のお宿は山口県長門市なのでまっすぐ下道を北上して向かい
ます。ルートに選んだ国道212号沿いに「耶馬溪」があるので立ち寄る計画。

「道の駅やまくに」までひた走り、観光マップを入手。それによると耶馬溪もいろ
いろある様で、迷いましたがマップの写真に惹かれて、「奥耶馬溪」へ。2つの見所
「魔林峡」と「猿飛甌穴群」があります。

下流にある「魔林峡」へ。誰もいない駐車場に車を止めて、遊歩道を500mさかのぼ
ります。最初に目に飛び込んだのは深い谷を流れる青い澄んだ水。青色と言うより
碧色。
01



両岸とも岩盤がえぐれて、巨大な岩壁、その間を流れ下って、深い所は色濃くゆっ
くりと浅い所は白い波をたてています。
02



上流に進むにつれて両側が狭くなり一段と切り立って、峡谷にふさわしい光景。
03


[九州・山口旅(6) 「魔林峡・猿飛甌穴群・青の洞門」と「門司港レトロ館」]の続きを読む
  1. 2016/04/12(火) 22:45:47|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2016/04/12
九州・山口旅(5) 天ヶ瀬温泉 「共同露天風呂巡り」

お宿にあった天ヶ瀬温泉の案内図を見ていたら、「共同露天風呂」が5つもあると
言う。お宿は一番上流にあり、一番下流の天ヶ瀬駅まで800mほどの間に点在してい
ます。気がついたのは夜中だったので断念し、朝食前に偵察。

橋の下に見える緑のテントが「鶴舞の湯」。コンクリートの坂道を川に向かって
下ると右側に湯船が現れてきました。
01



長方形のコンクリート製の湯船。入浴料は100円。脱衣所は簡素なものがあります。
もちろん男女混浴。背後は擁壁、左右はシート、川側は簡単な板の衝立です。湯は
なみなみと張ってありますが、かなりぬるい。入ろうかと思ったけど、看板には夕
方5時からとなっていたので、宿の人に様子など聞いてからと思い次の偵察へ。
02



さらに下流に進むと「神田湯」の案内が見えてきます。石段を下って下の河原へ。
入浴時間は朝6:00からとなっていて入れるかと一瞬喜んだが残念。
03


[九州・山口旅(5) 天ヶ瀬温泉 「共同露天風呂巡り」]の続きを読む
  1. 2016/04/12(火) 22:02:14|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひさごん&よこりん

03 | 2016/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search