今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2018/10/14
ガイナーレ鳥取応援 鹿児島ユナイテッドFC戦 2018年10月

朝方は激しい雨でしたが、それも止み雲はあるが秋らしい晴れ。2位の鹿児島との戦い、ガイナーレにとっては絶対負けられない相手。勝てばまだ望みがある。
01



いつもより1時間遅くなりましたが、ゴール裏の定位置はぽっかり空いていました。まずは、腹ごしらえ、いろいろ悩むが最近定番となったスパイシービーフピラフ、そしてロングポテトはおかず。
02



フラッグやゲーフラの準備が終わったらお菓子タイム。少し寒かったのでホット。ワッフルサンドはカスタード、知人はストロベリー。食べる事はスタジアムの楽しみ。
03


[ガイナーレ鳥取応援 鹿児島ユナイテッドFC戦 2018年10月]の続きを読む
  1. 2018/10/14(日) 23:56:22|
  2. ガイナーレ鳥取|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/08
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(18) 活イカ専門店「梅乃葉」(山口県)

巨木で時間をとってしまい完全にランチ時間を逸した感。あきらめておにぎりでもと思いながら海岸線を進み、須佐を通り過ぎようとしたら営業中のお店発見。看板に「活イカ」とあります。14時過ぎに入店したのは萩市須佐の「梅乃葉」さん。須佐は「須佐男命(みこと)いか」ブランドでケンサキイカが食べられる町。
01



店内はこんな感じです。
02



活イカのメニュー。残念ですが台風のため活イカの入荷はないと言う事です。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(18) 活イカ専門店「梅乃葉」(山口県)]の続きを読む
  1. 2018/10/08(月) 23:49:51|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/08
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(17) 巨木「鶴ヶ嶺八幡宮のクスノキ・スギ」(山口県)

大覚寺のビャクシンから山陰本線をまたいで反対側に鎮座する「鶴ヶ嶺八幡宮」(山口県阿武郡阿武町奈古)へ。距離にして400mほどと近いです。

変わった玉垣、中央に一の鳥居、鳥居から広い参道が伸びています。
01



鳥居脇の灯籠は背の高い猫足台座の上に直接請け台、そして火袋、笠、宝珠。竿が無いです。山口県では普通に見られますが鳥取県ではまず見かけません。猫足の内側に刻字「明和九辰八月吉日」。
02



鳥居を潜ると広い境内、真っ直ぐ80m先に二の鳥居。樹木は疎らですがどれも大木。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(17) 巨木「鶴ヶ嶺八幡宮のクスノキ・スギ」(山口県)]の続きを読む
  1. 2018/10/08(月) 23:19:33|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/08
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(16) 巨木「大覚寺のビャクシン」(山口県)

山口県の中央から北上し日本海側へ。萩市を通過しやって来たのは、「大覚寺」(山口県阿武郡阿武町奈古)。石段を上がるとビャクシンの姿が見えてきます。
01



本堂前の境内両側にあります。低い位置から分岐しているので、巨木の感は薄いです。
02



通り過ぎて背後からの姿。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(16) 巨木「大覚寺のビャクシン」(山口県)]の続きを読む
  1. 2018/10/08(月) 22:48:34|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/08
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(15) 巨木「秋吉八幡宮のイチョウ」(山口県)

山口県からはいつも中国道で帰りますが今回は日本海側をのんびり進む事にしました。巨木はgoogleマップに落とし込んでいるので道沿いの数カ所を訪ねます。

川棚温泉からほぼ東に進み、「秋吉八幡宮」(山口県美祢市秋芳町秋吉)に到着。大きな社号標や常夜灯。石段途中に一の鳥居。背後はスギの高木。
01



石段を上りきると二の鳥居、その先正面に社殿。
02



拝殿右に「秋吉八幡宮のイチョウ」。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(15) 巨木「秋吉八幡宮のイチョウ」(山口県)]の続きを読む
  1. 2018/10/08(月) 22:23:33|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/07
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(14) 川棚温泉「旅館小天狗」と巨木「川棚のクスの森」(山口県)

3泊目のお宿は山口県、200kmの大移動ですが、高速がほとんどなのでそれ程時間もかかりません。ひたすら走って、川棚温泉「旅館小天狗」(山口県下関市豊浦町)さんに18:10(1338km)到着。昨年宿泊した「竹園旅館」さんの隣り。
01



お部屋は標準的な8畳。綺麗にされています。
02



お風呂は夜9時に男女入れ替えで、朝まで自由に入れます。早速温泉に浸かります。3mx3mのタイル湯船に源泉掛け流しです。湯の注ぎ口で43.6°、湯船で42.1°。深さは膝上10cmと深め。無色透明で浴感はキシキシ。露天は岩風呂で底はタイル、膝下の深さで浅め、湯温は39.5°。内湯の後の露天は気持ちがいいです。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(14) 川棚温泉「旅館小天狗」と巨木「川棚のクスの森」(山口県)]の続きを読む
  1. 2018/10/07(日) 23:53:01|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/07
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(13) 巨木「滴水のイチョウ」(熊本県)

今夜のお宿は山口県、ほぼ200kmの移動となり、残された時間はありませんが巨木をもう一カ所訪ねる事にしました。
「辰頭温泉」から、九州道を横切って西へ。車のナビとgoogleマップとで分かりづらい所にある巨木にたどり着きました。公民館の道路向かい、お堂の左に堂々と姿を見せるのが「滴水のイチョウ」(熊本市北区植木町滴水)。樹高はレーザー簡易測定では28.92m。
01



お堂への石段上、根が八方に広がっています。幹の下部も根の延長で襞になっているのでかなりの根上りです。
02



根は長く伸び、お堂への道を横切っていて、根巾はおおよそ9mぐらい。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(13) 巨木「滴水のイチョウ」(熊本県)]の続きを読む
  1. 2018/10/07(日) 23:36:41|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/07
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(12) 「通潤橋」と「辰頭温泉」(熊本県)

国道218を西に進み、よこりんが昔社会の教科書に載っていたと言う「通潤橋」を目指す。ナビに案内されて「道の駅 通潤橋」(熊本県上益城郡山都町)に到着。
駐車場から正面に「通潤橋」が見えます。石造りの大きなアーチ橋、これが嘉永7年に造られた技術に驚くばかり。熊本地震で一部崩れていて立ち入りも制限されています。
01



左からかなりきつい山道を上り、下方に橋。これ以上は立ち入り禁止で現在修復中。こんなに高くて大きな橋を江戸時代に築けたのが不思議。
02



下側の立ち入り禁止ぎりぎりまで寄って。石積がとても美しいです。アーチの両端は城の石組の様な稜線となっています。土木を生業にする石工集団の技。「通潤橋」はかんがい用水を通す橋なので、時々中央から放水がありますが、その放水口も今は草が茂っている状態でした。
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(12) 「通潤橋」と「辰頭温泉」(熊本県)]の続きを読む
  1. 2018/10/07(日) 23:32:53|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/07
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(11) 巨木「野尻の大欅」(熊本県)

「拝所の大杉」から国道218を10km程西に進み、野尻地区に入って大きく右カーブする場所から下方の田んぼに下りるとお堂の横に「野尻の大欅(ケヤキ)」(熊本県上益城郡山都町野尻)が見えてきます。
01



薬師堂まで近づくと、下部が分かれている様に見えます。
02



さらに近づきお堂の縁側から見ると3本に見えます。あれ、巨木に見えないけど?
03


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(11) 巨木「野尻の大欅」(熊本県)]の続きを読む
  1. 2018/10/07(日) 23:15:59|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2018/10/07
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(10) 巨木「拝所の大杉」(熊本県)

高千穂を後に西に進み県境を越えて再び熊本県。民家から離れた場所ですが、迷うことなく辿り着きました。「拝所の大杉」(熊本県上益城郡山都町)。
道路すぐ横に生え、低い位置から枝が伸び、それらが全て上に向かっています。とてもふっくらした樹形です。高さは目測28mぐらいかな?
01



通り過ぎて、反対方向からの姿。道に少し傾いています。
01a



幹周り目測6.5m。
02


[九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(10) 巨木「拝所の大杉」(熊本県)]の続きを読む
  1. 2018/10/07(日) 22:49:47|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

ひさごん&よこりん

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search