今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2020/02/11
青谷町河原 「東村神社」 川六さんの手水鉢と狛犬

青谷町河原地区、県道280の東側、川向こうの地区奥に「東村神社」(青谷町河原1472)の社頭。すぐに石段が始まっています。5段上、右に海水でずいきの様な穴だらけになった自然石の灯籠、左には蓮型手水鉢。灯籠の刻字は「明治五年壬申■旬」。
01



石段上から見下ろす手水鉢。大きな亀が縁に前脚をかけ身を乗り出し水を飲もうとしています。手水鉢の直径は59cm。
02



細かく彫られた亀甲模様。脇には遊ぶ2匹の子亀。手水鉢、亀、亀の足場ともに一つの石から彫り出されています。並大抵な力量ではありません。刻字は「元治元年子正月日」、「河六作」。
03


[青谷町河原 「東村神社」 川六さんの手水鉢と狛犬]の続きを読む
  1. 2020/02/11(火) 23:53:36|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2020/02/11
青谷町山根 「cafe Berry」 2020年2月

青谷神社巡りのランチはあおや和紙工房併設のレストラン「cafe Berry」さん。後から調べたら12年ぶりでした。
01



施設の一番右に半円形のお店。
02



大きな窓、大小のテーブル席x7。この日は満席に近かったです。
03


[青谷町山根 「cafe Berry」 2020年2月]の続きを読む
  1. 2020/02/11(火) 23:12:47|
  2. 喫茶・cafe|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2020/02/11
青谷町小畑 「山口神社」 川六さんの狛犬

日置川の上流、青谷町小畑の「山口神社」は県道280が鳥居と境内を分断しています。場所は青谷町小畑397。
改めて集落内の小道から参詣。数段上ると右に蓮型手水鉢、すぐに鳥居。手水鉢の刻字は「明治十七甲申年三月日」。鳥居の刻字は「昭和八年五月吉日」、「石工 嶋尾政晴」。
01



県道を隔てて20m上手に境内。道路からすぐに随身門、右に灯籠。灯籠の刻字は「文政六年未八月吉祥日」。
02



随身門を潜って4m先に拝殿、手前両脇に幕末の青谷石工「川六」さんの狛犬。
03


[青谷町小畑 「山口神社」 川六さんの狛犬]の続きを読む
  1. 2020/02/11(火) 22:45:45|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひさごん&よこりん

01 | 2020/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search