今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2011/07/31
東伯郡湯梨浜町 黒毛和牛専門店 焼肉「又八」で隠岐の島の潮凪牛

最近のこの暑さ、体力も消耗しだしたので、肉でもがっつりと食べようじゃないか
と今日お伺いしたのは、6月に予約制とは知らず飛び込みでお伺いしたお店、東伯
郡湯梨浜町 黒毛和牛専門店 焼肉「又八」さん。
厚いお肉を頬張った時のあの肉汁、部位もいろいろあってシャトーブリアンなんて
お肉にも初めて遭遇し、とっても盛り上がりました。
01



店内は4人用の席が3つと奥に広い大人数用の席があります。奥は少し隠れていま
すので落ち着いていただけますが、生憎今日は空いていませんでした。

事前に予約したのは、前回と同じ黒毛和牛の店主選りすぐりのコースで極(498
0円)。内容はお任せになります。コースメニューの紹介は前回の記事を参考にし
て下さい。他のメニューもあります。今回はこちらのサイドメニューをアップします。
02



タレは、辛タレ、普通タレ、甘タレ。ぽん酢、醤油、すりおろしニンニク、ワサビ、
レモン、岩塩が用意されています。こちらの取り皿はちょっと変わっています。デ
ザインが昔のもので、なかなか出ないそうですが、今は出雲の骨董屋さんで調達し
ていらっしゃるそうです。
と前置きが長くなりましたが、前回と同じくニンニクのオリーブ焼きから始まりま
した。焼き肉の前哨戦と言えどもこれが結構テンションが上がるんです。テーマは
「焼き加減」。
03







今回は4人ですので、以後の写真は全て4人分となっています。

最初に登場は、隠岐の島の黒毛和種「潮凪牛」のタンステーキ。やはり分厚いお肉
の塊です。一つに見えますが、実は一口大にカットされていて、表面には包丁がい
れてありあります。とてもインパクトのある一品です。
04



これがタンステーキ。基本塩がしてあるので、レモンをさっとかけるぐらいで十分
でしょう。脂は少なめで、食感はシコシコ、美味しいですが、今日はちょっと下味
の塩がきつめかも。もっと塩軽めの方が好みですね。
05



ひとしきりタンを味わった後に登場は同じく潮凪牛のミスジ。焼き肉マニアならミス
ジと聞いただけで食指が動いてしまう稀少部位。サシが入り過ぎる程の外観です。
06



こちらは、ワサビが合うと思います。脂がとろけるので、レアがおすすめです。
とても旨いです。
07



同じく潮凪牛のサーロイン。うゎー 何という霜降り、脂好きにはたまらないでし
ょう。厚さもかなりありますので、焼き方は6面。できるだけじっくり焼き上げま
す。厚いため中まで火が通るには時間がかかりますが、表面が焼きあがったら網の
隅で少々時間をおいて余熱で中がほんのりレアから焼き色に変わる具合がよろしい
かと。
08



脂の旨さが先程とは違います。なんかとろけると表現したい感じで、見た目とは違
ってあっさりとしていました。肉厚ですので頬ばるとじゅわ~と肉汁が広がります。
噛んだ時プチュ~ンと音がしたのは錯覚か。
09



次は鳥取和牛のヒレステーキ。明らかに脂は少なく、まさにヒレ。
10



柔らかい肉質でさっぱりとしてとても美味しいです。肉の美味しさをストレートに
感じられました。旨味が強く、お魚にも通じる所があります。
11



鳥取和牛オレイン55のイチボ。先程までと違って厚さはやっと普通になりました。
赤身の美味しさがあります。オレイン55の説明が奥様よりあり、実は昔から鳥取
和牛は55%以上だったんです。なんとか鳥取和牛を売り出そうとブランド化した
との事でした。イチボの美味しさがとても好きです。
12



こちらは、別にお願いした和牛どて煮(750円)、添えられているのは仁淀川山
椒の七味。ビーフシチュウの様な感じで、とろっとして、ご飯に合います。癖がな
いさっぱりしたどて煮でした。
13



はい、キングオブカルビの名を欲しいままにする島根和牛の三角バラ。三角バラと
聞いただけで溶け出す脂を想像してしまいます。外観は想像通り白っぽく脂を食す
と言った所でしょうか。
14



やはり脂がしたたり落ち、炎が勢いよく上がります。脂を落としながらしっかり焼
きあげると、脂の焦げる匂いが辺り一面漂います。この光景は炎の三角カルビ。
15



最後の〆は潮凪牛のハラミ。前回の記事で漬け込んであると書きましたが、漬け込
んでなく提供する前に軽くタレをかけていますと奥様より指摘がありました。しっ
かり焼いて香ばしくした方がいいですね。ハラミの美味しさは、今までのお肉とは
全く別物。要するに、内臓系の脂の旨味と赤身肉の融合、そして甘タレの相性でし
ょうか。とろっとして、甘いタレがよく合います。コクが加わってくる感じです。
噛めば、にじみ出るミックスされた肉汁と柔らかい肉。どうして、〆がハラミなの
かとしばし悩むがわかりません。別腹用のお肉かと(笑
16



デザートは、アイスクリームの求肥包み、と抹茶入り濃いお茶。これでさっぱりさ
せます。
17



甘味好きなひさごんは、〆をこちらで。白玉ぜんざい(350円)。
18



さて、お肉堪能して体力回復したでしょうか。オレイン55の力は?

前回ほどの衝撃はありませんでしたが、それはすでに一度体験してしまっているか
らなのでやむを得ません。それでも、お肉が登場する度に感動し、盛り上がりまし
た。明らかに通常の焼き肉スタイルと一線を画していると思います。こんな焼き肉
も時々どうですか。

過去記事 2011/06/18

  1. 2011/07/31(日) 23:22:50|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市上井 懐食 鈴乃希(すずのき) 2011年8月 | ホーム | 大山町門前「小林観光ブルーベリー園2011」再び そして 大山町名和「たまご屋工房 風見鶏」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search