今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2012/03/31
島根県浜田市金城町追原 美又温泉 旅館「みくにや」


念願の柿木村の2湯を堪能し、今日のお宿に向かいます。と言っても浜田市の奥辺
りですので、かなりの距離があります。さてどのルートで進むかと相談し、よこり
ん一押し中国道経由となりました。一端山口県、広島県を通過して、その後浜田道
を通って行きます。ひたすら走って、浜田道を下りてさーもうすぐそこって所でナ
ビがやってくれました、離合もできない得意の山越え。詰めが甘い我々、信じては
いけないのにお任せしたばっかりに。毎度の事だから良しとしよう。

そんなこんなで、2時間後(我が家からは450km)に到着したのは浜田市金城
町追原「美又温泉」。狭い道の両側に数軒のお宿がある、ひっそりとした温泉町です。
01



今回のプチ温泉旅のお宿探しは前日の夜遅くになってしまいました。素泊まりのビ
ジネスでもいいですが、折角なので温泉に泊まりたい。でどこが良いかなーと聞け
ば、よこりんは有福か美又。特に美又温泉のヌルツルにぜひ入ってみたいらしい。
あたふたと問い合わせをして確保したお宿は、「みくにや」さん。
02



みくにやさんは、ご夫婦とおばあちゃんの3人でなさっているアットホームなお宿
です。建物が道の両側にあり、なんと2Fが道の上の連絡通路で繋がっています。
みくにやさんの連絡通路から見た温泉街。ひとっこひとりとして見えません。
03






食事の前にまずは温泉です。お客様が少ないので、貸し切りで入らせていただける
事になりました。小さめの女性用のお風呂で透明の湯がなみなみと張ってあります。
04



一気に入ったよこりん、湯が溢れて洗面器が流れて行きます。ぜひこのお湯に入っ
てみたかったよこりんは満足そうです。
05



評判通りのヌルヌルツルツルの湯です。そして肌をなでるとキシキシと音がしそう
な感じです。体から石鹸が落ちたのか全くわからない程のヌルヌル。切りがないの
で、適当に諦める事にしました。窓の下には川が流れ、そのせせらぎの音を聞きな
がら今日の疲れを癒す事ができました。
06



お風呂から上がるとすでに、隣のお部屋に夕食が用意されていました。お客様も少
なく本当に静かですので、ゆっくりと食事をいただきます。
07



まずはこれでしょう。かなり大ぶりな熱々ののどぐろ唐揚げ。濃厚な脂がたっぷり、
カラッと揚がっていて香ばしく、ポン酢もみじおろしでいただきます。とても美味
しいです。
08



お造りも、いろいろ盛ってあります。珍しいのはウチワ海老のお造り、味噌もたっ
ぷり付いています。さっきまでトロ箱の中でごそごそと動いていたそうです。コリ
コリとした食感です。甘さはそれ程でもありませんね。島根の甘いお醤油が合います。
09



紅ガニ、豚シャブ、煮物などいっぱいですが、残さずきれいさっぱりといただきま
した。
10



流石にお腹いっぱいなので横になっていましたが、よこりんはいそいそと温泉に。
ひさごんは運転の疲れかそのまま意識がなくなってました。


翌朝、温泉は6時半から利用できると聞いていましたので、6時前にはすでに起き
て、昨夜は女湯を貸し切りにしていただいたけど、男湯の方にも入りたいので、女
将さんを捜して物音ひとつしない旅館を行ったり来たり。不思議な事にお宿の方は
どこにもいらっしゃらないので、まーいいかーと勝手に男湯を貸し切りにしちゃい
ました。

女湯より一回り大きいです。昨夜と違って明るく、窓を開けて入るととても清々し
いです。なんだか一段とヌルツルしたと思ったのは錯覚だったのでしょうか。
11



肌を撫でた時のこの感触、とても気持ちいいです。よこりんはずっと入っていたい
わとおっしゃる。
12



お風呂から上がって、今日の予定など相談しながらごろごろして、8時前にやっと
朝食です。朝食は食堂でいただきました。真ん中の赤いのが浜田名物赤天と言うそ
うです。赤い色は唐辛子、当然ピリっとしています。
13



はっきりした計画も無いので、この後もお宿でごろごろしていたら、もう10時近
くなって慌てて出発です。帰り際に女将さんに美又温泉の源泉をお聞きしたら、2
カ所あり、その一つがお宿の直ぐ隣。もう一つは少し離れた所にある温泉スタンド
の場所。
14



鄙びた感じで川沿いにひっそりと佇む数軒の温泉旅館。そして期待を裏切らないトゥ
ルトゥルの湯でした。
15


  1. 2012/03/31(土) 23:45:08|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<島根県飯石郡飯南町上来島 野趣料理 「Mrs.RobinHood(ミセス・ロビンフッド)」 | ホーム | 島根県鹿足郡柿木村 「はとの湯荘」 と 「木部谷温泉 松乃湯」>>

コメント

はじめまして

昨年からこちらのブログを拝見させていただいている34歳の子育て中の主婦です。米子から中部に嫁に来て8年目になります。夫の休日にランチをしによく出かけるので、こちらのブログで勝手に勉強させてもらっています。
実は2年前に美又温泉「みくにや」さんに宿泊しました。今日ブログを見て、見慣れた写真に驚いてメールしました。私もこのヌルヌル温泉に入りたくてこちらに宿泊しましたが、施設は古く軽いショックをうけつつ、温泉はとても気持ち良かったのを覚えています。部屋の古さや朝のおかみさんのノーメーク顔にびっくりしたり・・いろいろ思い出され懐かしいです。
これからもブログを楽しく拝見させていただきます。ありがとうございます。
  1. 2012/04/09(月) 10:51:48 |
  2. URL |
  3. えみえみ #-
  4. [ 編集]

>えみえみさん

はじめまして、コメントありがとうございます。えみえみさんもよくご存じだと思いますが、美又温泉のヌルヌル、とっても魅力的ですよね。鳥取県にはほとんどないですからねー。唯一あるとすれば、船岡美人の湯でしょうか。

「みくにや」さん、施設にショックを受けられたと言うのが笑えますね。まーあんなもんでしょう。温泉目当てですから湯がよければ満足です。お客様も少なく、ごろごろしてくつろぎました。記事にも書いたように、勝手に貸し切り湯にしたりと、アットホームな宿でした。

ご主人との休日ランチ楽しんでください。これからもよろしくです。
  1. 2012/04/09(月) 18:34:04 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

美又で宿泊されるとはしぶい!!「泉質日本一」美又のぬめりのある湯は浴感高く、特に女性には人気のようですね。この近辺に伊木の湯という、地元の方管理のポリバス湯があったんですが残念ながら休業中です。再開される感じはないんですが、もし再開されることがあればご連絡します。
  1. 2012/04/09(月) 20:44:45 |
  2. URL |
  3. sattoru #-
  4. [ 編集]

>sattoruさん

美又はひっそりした温泉町でした。でも僕たちはこれがよかったりします。本当にヌルヌルの湯で相方よこりんは感激していました。
今きになっているのは、湯抱温泉、一度見て、入ってみなきゃと思っている所です。
  1. 2012/04/10(火) 06:54:20 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search