今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/01/01
広瀬温泉 「富田山荘 尼子の湯」で初湯

今年の帰省は元旦に。故郷は隣の島根、それも米子市の隣なので、帰省と言う感覚
ではありませんが、お正月やお盆だと気持ちはやっぱり帰省になります。

とても天気が良く、雪も無い道を進みながら、一昨年の1月1日に山口から倉吉に
帰る時、大雪で進めなく松江で一泊した事を思い出す。

故郷の近くには白鳥の餌場があるので、寄って見ました。道路脇に佇んでいると言
う大胆さ、人に慣れている感じです。
01



故郷の実家のお正月料理を食べながら、あんな話やこんな話を。実家の料理で一番
好きなのが、ぜんまいとわらびの煮物。倉吉では干した物を戻して煮物にしますが、
実家では塩漬けした物を塩抜き、色出ししますので、食感、味も全く違ったもの。
美味しくていくらでも食べられます。

しばし実家に滞在した後は、近くの温泉へ。実家からも見える山の上にある広瀬温
泉「富田(とだ)山荘 尼子の湯」へ向かいます。山荘への途中に源泉があります。
源泉の名前は「月山の湯」です。温泉が出たころ、露天の池に湯が張られて、誰で
も入れる様になっていて、水着や下着で地元の人が入られていて、母やよこりんも
入ったそうです。
02



ここから、70m程行った所に「憩いの家」と言う日帰り施設があり、ここから引
湯されていますが、今日お伺いする「富田山荘」はさらに進んで山の上ですので、
汲湯となっています。このお城を模した建物が、麓からよく見えるのです。
03






駐車場には車が無いので今日は営業していないかと心配しましたが、営業なさって
いて一安心。入浴料は400円。
内湯と露天があります。今日は寒いので内湯は、湯気がもくもく。
04



深さもあり、じっくりあたたまります。鉄分で周囲壁の湯面辺りが茶色になってい
ます。色ははっきりとしませんでしたが、うっすらと色がある感じでした。
05



さて、十分温まったら、早速露天へ。露天への扉を開けて一歩出ると、そりゃ堪ら
ない程の寒さです。雪もちらちら、なんと言っても吹き抜ける風が刺すような感じ
で、うぅ~と耐えて写真を撮る。敷物の先に屋根付きの露天があり、正面には向か
いの山が切り取られた様に見えています。
06



急いで湯に浸かります。座れば首下辺りで結構深いですが、今日は風が冷たいので
顔だけ出すスタイルがちょうど良い感じです。
07



細長い露天の先端へ急ぎます。もちろん眼下の町並みを見るためです。富田川の向
こう側には、うっすらと雪化粧の城下町広瀬の町並みが見えます。通った小学校跡
地も確認、遊んだ路地も確認、実家も片隅に確認。いろいろ思い出がよみがえり、
懐かしい気持ちに満たされました。
08



先端から振り返って見た露天。湯気が立ち上ってますが、風に吹かれて湯面を走っ
ています。寒い。山の上の露天ですから、囲いがあっても風が吹き抜けて行きます。
そんな中、立ち上がって写真撮る時は、かなり決断力が要る。
09



湯温も少し低いので、源泉が注がれている辺りでじっとしている。ここから離れら
れなくなってしまいました。
10



大きな岩で作られた湯船、眼下の町並み、風が通り抜ける、記念すべき元旦の湯と
なりました。
11




*************************************************


今日は真っ直ぐ倉吉に帰ります。途中、琴浦町でこの案内にひかれて立ち寄りしま
した。「鳴り石の浜」。整備された道を下って、続いてごろごろした石道を進むと、
両側に広がる石の浜が現れてきます。
12



足下の石はかなり大きめ、両手でつかめるぐらい、それがびっしりと波打ち際まで
続いています。海中もそうなっているかも知れませんが確かめようもないです。
13



波打ち際で静かに耳を傾けると、ポンポン、あるいは、カタカタと言った感じで低
い音が響いてきます。これが、鳴り石の音。波が引く時の方が音がよく聞こえます。
穏やかな冬の海、鳴り石の浜は、散歩する人や観光の人などいらっしゃいました。
14




さて、今年はどんなお店に出会えるか。体力、気力も衰えてまいりましたが、細長
く続けたいものだと思っております。
  1. 2013/01/01(火) 23:07:58|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<鳥取市気高町八束水 韓国家庭料理 「ウォーカーヒル」のテールコムタン | ホーム | 東伯郡琴浦町浦安 「すみれ飲食店」で食べ納め>>

コメント

昨日は寒い中、お越しいただきありがとうございます。またお越しいただけるよう、精進してまいります。今後ともどうぞ、よろしくおねがいします。ジゲブロ、フェースブックでもお店の情報をみれますので、こちらももしよろしければご覧になってください。
  1. 2013/01/05(土) 08:29:57 |
  2. URL |
  3. フクモト #-
  4. [ 編集]

>フクモトさん

昨日は、美味しい一時ありがとうございました。また、ご無理を聞いていただき嬉しかったです。寡黙な僕たちに色々説明いただき、ありがとうございました。
  1. 2013/01/05(土) 18:15:26 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます。

とてもノスタルジックで、温かそうな温泉の雰囲気も相まってとてもほっこりした幸せな気分になれました。今年もブログ楽しみにしておりますので、お身体ご自愛されて続けてくださいね!
  1. 2013/01/08(火) 00:21:49 |
  2. URL |
  3. りんご #-
  4. [ 編集]

>りんごさん

コメント、お気遣い、ありがとうございます。

故郷の温泉なので、思いも格別です。元旦にお客様がいらっしゃらないと言うひっそり具合もよかったです。

ブログの方は、ゆっくりのんびりと続けたいと思っています。

  1. 2013/01/08(火) 18:07:25 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search