今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/08/29
岡山県真庭市 野湯「茅森温泉」 2013

熱い温泉に長時間入る事ができなくなりましたが、ぬるい湯ならゆっくり浸かる事
ができます。夏場しか入れない程の温泉が近くにあります。お盆も過ぎて、涼しく
なってしまいましたが、久しぶりに行ってみる事にしました。

我が家からは、蒜山、湯原を通って、湯原ICの手前で美甘、新庄方面に向かいます。
川沿いの道を500m程進むと最初の緑の橋が現れます。この橋を渡って、向こう
岸を100m程遡ると、今日のお目当て「茅森温泉」が突然見えて来ます。
01



河原にある露天です。ここは無料の混浴で、温泉マニアの間ではつとに有名です。
そして、この場所は茅森霊苑と言う墓地の真下であるのもよく話題になります。
狭い駐車場があって以前はここに止めたのですが、今日来てみれば「駐車禁止」の
案内。まずいと思いましたが、とりあえず湯の確認をしようと車を止めて階段を下
ると、なんと湯張りの途中、それも15cm程。しかし、今までにないくらい綺麗
に清掃されています。
02



この湯に入るかどうか、悩ましい所。写真など撮っていたら、一人の男性が橋を渡
ってやって来て、「ここに車を止めないで、湯は今入れだした所なので2~3時間
かかる」と注意を受けました。駐車場の場所をお聞きし、出直す事にしました。
後から知ったのですが、その男性が一人で清掃、湯張り、駐車場の注意などなさっ
ているそうです。


蒜山で2時間程時間をつぶして、そろそろかなーと再びやってきました。対岸から
見ると向こう墓の下の河原に温泉の囲いが見えます。知っていないと全くわからな
い温泉です。当然ながら案内など一切無し。
03






教えていただいた駐車場は、緑の橋の下辺りで、河原が整備されています。かなり
広いので、何台も止める事ができます。以前の霊苑の所は3台がいっぱいだったの
で、かなりの人が同時に入れる様になった感じ。良いのか悪いのか。これまた後か
らおばあちゃんに聞いたのですが、今年はすごい人で、自分たちはなかなか入れな
かったそうです。
04



温泉道具一式、麦わら帽子、雲行きが怪しいので傘ももってとぼとぼと歩いて行き
ます。途中、農作業してるおばあちゃんがいらっしゃったので「湯に入らせてもら
います」と挨拶する。

2時間後ですが、湯はどれぐらいかな~と階段を下りながらみると、いっぱいにな
っています。近づいてよくみると、8割方の溜まり具合。満水になるにはもう少し
かかるみたです。
05



囲いの端で脱衣して早速入ります。最初の実感はぬるい~。しかし、すぐ慣れまし
た。温度ははっきりしませんが、人肌より少し低いぐらいなので、34℃ぐらいか
なー。湯がどんどん注がれています。
06



手で体を撫でるとツルツル。いやー無臭の透明な湯ですが、このすべすべ具合は正
に温泉と実感できます。写真の岩に満水時の跡があるので、あと10cmぐらいで
いっぱいになります。時間はどれ程かかるやら。
07



今日は曇りですが、それでも日射しはそれなりにあります。ずっと麦わら帽子をか
ぶって入っていました。注ぎ口で掬って口に含むと若干甘味を感じます。

風はそよ風ぐらいですが、湯から出るとちょっと寒いぐらい。なので再び入ると
ぬるい湯も温かく感じます。ずっと一人で我が物顔で独占。それにしても綺麗に清
掃がしてあり、磨き上げられた感じさえします。以前は苔が所々あったのですが。
08



湯温が低いので何時間でも入っていられそう。そして、誰も来ないし、真新しい湯
で、どんどん注がれています。湯船から溢れ出す程にはまだ溜まっていません。
09



40分程すると、背後で気配がするので振り返って見ると来るときに挨拶したおば
あちゃんが風呂道具一式もっていらっしゃいました。おばあちゃんとずっとお話し
ながらまたまた長湯の始まり。

駐車場は今年出来たそうです。それで人が多くなったらしい。管理の難しい裏のお
話もいくつかお聞きしました。

この湯は、この場所より少し上流の川の真ん中から出ていて、そこから引いている
そうです。この露天が出来る前は、河原で小さな囲いをして湯に浸かり、側に五右
衛門風呂を持ってきて、炊き、上がり湯にしていらっしゃったそうな。真庭市が費
用を出して、今の大きく立派な露天ができたそうです。また湯は毎年6月末から張
られ、おおよそ9月いっぱいぐらいかなーと。
おばあちゃんとかれこれ50分程ずっとお話していたら、手の指がふやけてしまい
ました。おばあちゃんは先に上がられて、「また会いましょう」と別れの挨拶。

気がつけば湯船はいっぱいに湯が張られていました。
10



切り口からは湯が溢れ広がっています。
11



僕もそろそろ上がります。1時間30分も湯の中にじっといましたが、湯疲れはほ
とんどなく、体を拭いていると夕方のそよ風がとても気持ちよかったです。
最後に上から茅森温泉の全景を撮って、帰ります。空の色が移って薄い水色の湯。
12



過去記事 2012/05/01
過去記事 2009/08/22

  1. 2013/08/29(木) 22:34:49|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<東伯郡琴浦町赤碕 「鳴り石カフェ」のワンコインランチ | ホーム | 倉吉市関金町堀 「やまもり温泉」>>

コメント

このような綺麗な茅森温泉を見たことが有りませんでした(笑)。しばし独占できて待たれたかいがありましたね。川の真ん中からの引き湯なのですね、知りませんでした。久しぶりに津黒高原の露天風呂にも行ってみたくなりました(笑)。
  1. 2013/09/03(火) 10:25:50 |
  2. URL |
  3. sattoru #-
  4. [ 編集]

>sattoruさん

でしょう、こんなに磨かれた茅森温泉初めてです。ちょっと話しづらい人でしたが、その人が掃除を丹念にしていらっしゃる様です。
この露天のメンテ費用などは市が負担らしいけど、掃除などの管理は地元民。委託されたわけではないそうですが、今はほとんど一人でやっていらっしゃるようです。

津黒の露天はかなり湯温が低いと聞いていますが、そろそろ無理かもしれませんよ。僕は未だ入った事無いのです。近いので、確認に行ってみますね。
  1. 2013/09/03(火) 12:01:11 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search