今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2014/06/04
鳥取巨木巡り 「転法輪寺の大イチョウとムクロジ」、「古布庄の大スギ」、「別宮の大イヌグス」

転法輪寺の大イチョウ」 (琴浦町別宮 転法輪寺)

伯耆の大シイを後にして加勢蛇川を渡り上流へ進むと右に転法輪寺への案内が見えてきます。狭い道の奥にお寺の駐車場(10台)があります。山門をくぐるとお寺の庫裏、その前の庭を右に進むと、一段高い所に本堂が見え、その本堂の向こうに背の高い木が見えています。
01



本堂の右に真っ直ぐ伸びているのが大イチョウ、県の天然記念物です。かなりの高さで、説明板によると樹高24mだがもっとありそう。
02



力強く根が張り、地面辺りで幹周り6m、目通り幹周り4.5mぐらい。美しいすがたのまま真っ直ぐ伸び、8~10m辺りから枝が張り出しています。
03





その枝分かれした所から下に向かって乳柱が垂れ下がっています。一番大きなものは1m近いです。
04



90°回り込むと根元には空洞ができかけています。樹齢は説明板には書いてありませんでした。
05



見上げてよく見ると、宿り木や蔦などが生えています。
06



この大イチョウの左には琴浦町天然記念物のムクロジがたっています。それほど大きくはありませんが、ムクロジとしては大きいと言う事なんでしょうね。
07



******************************
(2020年6月26日測定で再訪)
イチョウ。幹周り実測6.05m。高さはレーザー簡易測定で31.75m。高さ8m辺りで大きな横枝が伸び、その下から乳柱が垂れています。
21



ムクロジ。幹周り実測2.88m、高さは目測22m。
22


******************************
(2023年3月27日追記)
ムクロジは根元から伐採されていました。
******************************


古布庄の大スギ」 (琴浦町中津原 大正神社)

(2018年7月21日再訪しました。その時の記事はこちら。)

大イチョウのある別宮には大イヌグスと言うのがあると巨木案内に書いてあったので捜すがわかりません。何度か辺りを往復するも案内はなく、断念して大スギに向かいました。
県道44号線をどんどん山奥へ走ると、向こうに一際高い木の杜が見えてきます。「ああ、これか」今まで何度か通るたびに見とれていた、あの木ではないですか。
08



その杜は大正神社の社叢でした。平野部にある村の小さな神社です。まずは参拝して、本殿など見てから、大スギへ。
09



実は遠くからは高い木が2本見え、明らかに手前の木が高いので、車から歩いて来る時、写真を撮ったりしていました。その木が大スギと思いこんでいましたが、案
内の矢印はもう一方の方。本殿の右に回り込むと、裏手に巨大な幹が見えてきます。なんとなく嬉しくなって苦笑い。
10



根元は巨木にふさわしい張り具合。目測してみると根元幹周り11.5m、立ち上がって3mぐらいで幹周り7.5m程。
11



表面の木肌は皮もうねる事なくまっすぐです。このぐらいの巨木ですといろいろうねったり、ねじれたりしてますが、意外にもす~と育った感じです。
12



神社の裏からは一本す~と立っている姿全体が良く見えます。
13



枝は一部枯れた様で切り落とされ、断面には出てきた樹脂なのか、それとも治療用の樹脂なのか茶色のものが着いています。やはりスギの大木は真下から見上げるのが一番迫力あります。残念ですが、周りに囲いがあるので根元には近づけません。
14



最初勘違いした左のスギは、幹周り4.5m程で明らかに小さいです。こちらは、下に岩盤でもあるのか、根が辺り一面に出ています。遠くから見るとこちらの方が高いのですが、古い巨木のてっぺん付近は折れた感じなので、以前落雷でもあったかも。
15





別宮の大イヌグス」 (琴浦町別宮 上人塚)

一端断念した大イヌグスですが、なんとか辿り着こうとネットで検索するも場所は特定できない。写真では田んぼの中で木々がこんもりとした雰囲気、これを頼りに県道から捜します。何度か往復してやっと発見。

44号線を上流側に進み、転法輪寺の手前にある「転法輪寺の古墳群」の案内を左折し、真っ直ぐ進むと農道のT字路の手前右にこんもりとした木々が見えます。
16



この小さな杜が上人塚です。正面には2本のイヌグスがあり、特に右が巨木です。説明板にとるとイヌグスと言うのは、タブノキとも、またハネリとも呼ばれるそうです。
17



また右脇には多くの小さな塔があります。この塔が何なのかはわかりません。
18



幹周り4m程、この大イヌグスに守られるかの様に根元にあるのが空也上人の墓である五輪の塔。
19



裏に回って見ると根が力強くうねっています。しかしながら一部空洞化し、古木であるのは間違いない様です。何となく冷気が漂っているような場所でした。
20



鳥取巨木巡り一覧


  1. 2014/06/04(水) 23:48:43|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取市里仁 古民家れすとらん 「さとに千両」 | ホーム | 鳥取巨木巡り 「上法万の大山桜」、「伯耆の大シイ」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2024/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search