今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2014/07/15
鳥取巨木巡り 「関金のシイ」、「山守神社のスダジイ」、「山郷神社のスダジイ」

先週薬膳料理のお店でランチいただいた後、関金町の巨木を3カ所巡ろうと向かったはいいが、あちこちうろうろするも2カ所は場所が特定できず、残りを今日巡って来ました。


関金のシイ」 (倉吉市関金町安歩)

7月10日訪ねました。ちょうど薬膳料理のお店の川向こう辺り、小さな道路沿いにその巨木はありました。道路に覆い被さる様に張っているので一目でわかります。鳥取県天然記念物で、樹種はスダジイと説明に書いてありました。
01



崖の一角から伸びていて、下には他の木や草がないのでその大きさや枝振りがよく観察できます。地面から1.5mあたりの幹周りはおおよそ7mぐらい、立ち上がって2.5mぐらいから、ぐっと力強く枝が伸び、道路の頭上を覆っています。さらにその上3mぐらいからも大きな枝分かれがあります。
02



90°回り込んで正面から見ると根の広がりはとても巨大。はっきりとは境界が判らないけど、近づくとフェンスの向こうに大きな根っこがむき出ています。
03






さらに回り込んで下流側から見ると太い主幹が真っ直ぐ立っているのがよくわかります。その主幹にも負けない太さで分かれ伸びている横幹。
04



側道を上って行くと安歩薬師堂への案内があり従って進むと、お堂の向こうに見えてきます。
05



下から見上げた程の迫力はありませんが、幹を走る表面の樹皮の模様は水の流れの様に綺麗です。
06



崖まで近づいて、一番下の横に伸びる幹の上部を見ると、まるで地面の様で歩けそです。その部分の上下の厚さは1.5mぐらい、巨大な横幹です。
07



板根も太くてがっしりとしていました。
08





山守神社のスダジイ」 (倉吉市関金町今西)

2018年9月15日に再参詣しました。その時の記事はこちら

先週辿り着けなかった2カ所、今日はそれなりに事前に調べて向かいました。県道45号線を進んで、今西橋を渡り、左手にある山守地区案内板の向こうを左折、はしづめはしを渡りすぐ左折、進むと、左手田んぼの向こうに高い燈ろうと山守神社の社叢が見えてきます。
09



門をくぐり、せせらぎを渡り、大きな苔むした石の横を通り石段15段上ると社殿が見えてきます。社殿の背後に大きな塊があり、それが巨木であると一目でわかります。
10



拝殿の左側に回ると、本殿の左奥に巨木がす~と立っています。この位置からは二股に分かれた辺りが下部より大きく見えます。
11



近づいて右に回って上を見ると、まっすぐ伸びた幹は高さ14mぐらいの所で二分岐しています。その分岐した幹でさえ、目測幹周り4.5mぐらい。
12



表側の下部は他の木々が多く大きさがはっきりしませんが、真裏に回ってみると少しはっきりします。目通り幹周7mぐらいではなかろうか。そして驚くばかりの太さの葛がゆっくりと右回りに上へと伸びています。
13



真下から見上げると、スダジイと思えない直立具合。まるでイチョウかスギの様です。葛も同じく遙か彼方まで伸び、その先は見えません。
14



板根になりつつある根元もたくましい。
15



離れて上空をよく見ると、左の幹のかなり上辺りに、先程の葛が見えます。しかし、その先はやはり確認できませんでした。

社叢は巨大なスダジイがこれ以外に3本ありました。根の張り具合の一番大きいのは向かって右の木でした。
16





山郷神社のスダジイ」 (倉吉市関金町堀)

調べていたにもかかわらずかなり迷いました。山守郵便局を過ぎて200m程進むと、右手に里見忠義主従之廟の案内があり、右折して小鴨川を渡ると、左手正面に山郷神社の鳥居が見えてきます。
17



鳥居をくぐって上ると石段の途中に左と右に大きな木が見えて来ます。ぱっと見ただけではどちらが大きいか判断できません。

まずは手前にある左の巨木へ。石段から真横に見ると、すべり落ちそうな急斜面に立っています。根元付近の縦襞も大きいです。
18



かなりの勾配でサンダルではすべってしまいそう。小枝を掴みながら、ゆっくり近づくと、複雑に交差した根が斜面を下に伸びています。しっかり大地を鷲づかみにしている様にも見えます。
19



他の木や草など無いので根元の様子が良くわかります。目測幹周り6mぐらい。左に回ってみると、下部にぽっかり空洞ができ、一部朽ちかけていました。
20



右の巨木は他の木と融合し、なおかつ根元が木々で覆われていて、その大きさをはっきり見る事ができません。
21



斜面を真下まで行って見上げましたが、やはり判断できなかったです。斜め右に伸びているのが主幹と思われます。
22



大きさが判断できなかったので、僕は左の方が巨木と思いました。60段ぐらい上ると門の向こうに拝殿が見えます。左に回るとすっきりとしたとてもきれいな本殿。
23



記事書きながら調べていたら、この本殿の背後に一番大きなスダジイがあると知る。痛恨のミス。機会があったら、その巨木を確認したいと思います。


この日感じたのは、装備をしっかりしないと近くまで行けないと言う事。長靴、なるべく長袖、リュックなど。そしてヤブ蚊にもかなり攻撃されました。

鳥取巨木巡り一覧


  1. 2014/07/15(火) 23:31:11|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<西伯郡大山町御来屋 地魚料理「恵比須」 うに丼 2014年 | ホーム | 倉吉市関金町大鳥居 「道草」のわりご定食>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2024/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search