今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/05/20
隠岐旅(15) 「岩倉の乳房杉」

島後の中村から時計方向に周り、浄土ヶ浦から林道をどんどん上って行きます。
くねくねしてとても狭い道を進むと右に駐車スペースが現れてきました。その先
50m左、山の斜面の木々の間から巨木の一部が見え、一瞬にしてその異様さに息を
飲み込んでしまう。これこそ隠岐島、「岩倉の乳房杉(ちちすぎ)」
01



垣間見る下部。主幹中央に渦の様な、ぜんまいの様な模様の浮き上がった瘤。左
には上からそれこそ乳の様な垂れ下がりがかすかに見えています。
02



林道を少し急ぎ足で巨木の正面まで行くと、左脇に鳥居があり、その奥の山の斜面
に巨木は立っています。岩倉神社の鳥居ですが、社殿はありません。この巨木が憑
代として祀られています。
03






鳥居まで近寄ると、辺りが凛とした空気に満ち、身が引き締まる。斜面はシダに覆
われ、暗に近寄るなと言わんばかり。実際にもロープが張られ立ち入り禁止となっ
ています。
04



鳥居を潜り見上げる巨木。先程垣間見た異様な姿を目の当たりにします。地上数m
から枝分かれが始まって、それぞれが一度横に伸びた後まっすぐ天に向かっていま
す。生命力と言うより知る事のできない何かが宿っている、そんな感じです。見上
げている自分が見下ろされている感じを受けました。
05



主幹中央のうねって渦巻く文様。左に大きく塊が垂れ下がった気根。上部の一度に
分割枝分かれした姿。特に巨大な下垂根が奇怪さを助長させているのは間違いない
です。この下垂根こそ、巨木の呼び名の由来。
06



幾年月、佇む仙人の様な姿。案内板には樹齢800年となっていましたが、はるか太古
からずっとこの姿だったのではと一瞬思ったりする程の強い印象。短い滞在時間で
したが魂が研ぎ澄まされる張りつめた空気感でした。
07



今回の隠岐旅で三大杉を全て見て回りました。力強くどっしりとした「八百杉」、
明るくのびのびとした「かぶら杉」、最後のこの「乳房杉」は霊気を漂わせていま
した。

隠岐旅(1) 「フェリーくにが」、そしてコンセーユの「サザエ丼」
隠岐旅(2) 海から巡る「国賀海岸」
隠岐旅(3) 陸から望む「赤尾展望所と摩天崖」
隠岐旅(4) 「由良比女神社」のイカ彫刻
隠岐旅(5) 一泊目のお宿、海士町「島宿 小崎」
隠岐旅(6) 「海中展望船あまんぼう」と「ぐるっと海士ツアー」
隠岐旅(7) 「船渡来流亭」の寒シマメ漬け丼
隠岐旅(8) 「玉若酢命神社と八百杉」
隠岐旅(9) 「隠岐国分寺跡・後醍醐天皇行在所跡石碑」
隠岐旅(10) 「銚子ダム」と「かぶら杉」
隠岐旅(11) 火が灯った「ローソク島」
隠岐旅(12) 二泊目のお宿 隠岐の島町「ホテル海音里」
隠岐旅(13) 「水若酢神社」
隠岐旅(14) 「白島海岸展望台」と「さざえ村」
隠岐旅(15) 「岩倉の乳房杉」
隠岐旅(16) 「味乃蔵」でランチ、さよなら隠岐島
  1. 2016/05/20(金) 23:40:52|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<隠岐旅(16) 「味乃蔵」でランチ、さよなら隠岐島 | ホーム | 隠岐旅(14) 「白島海岸展望台」と「さざえ村」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search