今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2017/07/22
鳥取巨木めぐり 「大瀧神社のスギ」

ランチのお店から50m程先の道路脇に鳥居が見え、右背後には杉の高木が数本聳えています。
01



前回「山隠れの里」にお伺いした時ぶらりと立ち寄った神社。思いがけず巨木に遭遇。足早でしたので改めて参詣しました。

「大瀧神社」(西伯郡伯耆町大滝163)の社頭。数段上って真新しい鳥居。
(2019年11月19日追記)
鳥居左背後に旧鳥居の竿が立っています。刻字は「寛政十戊午天四月吉日」。
02



38段の頂部右にスギの巨木。その手前石段の途中に一対の狛犬。
03






座型の狛犬。前回見た時、「弘化三年丙午九月吉日」の刻字ですが、狛犬と台座が風化もなく違和感を感じていました。今回お店の方にお聞きしたら、狛犬は新しくされたそうです。
04



狛犬の右背後に聳えるスギ。目通り幹周り目測5.5m。実は石段左側にも同じ大きさの巨木があって、並んでいたそうです。ある時落雷があって売却されたそうです。
(2019年11月19日追記)
幹周り実測5.13m。
05



2本並んだ姿を見たかったな~。すごい迫力だったと想像。
06



境内から振り返って。高すぎて全体が収まりません。目測で高さ30mぐらい。根元の灯籠は天明8年。
(2019年11月19日追記)
高さはレーザー簡易測定で36.30m。
07



拝殿は切妻造り平入に切妻の向拝。
08



この切妻の向拝は鳥取県東部や中部ではみかけないけど、西部には多いのだろうか? 切妻に大きな注連縄は出雲大社風。木鼻は阿吽の獅子。
09



額の下には龍の彫刻。
10



本殿は両下げ造りの階隠が切妻に潜り込んだ銅板葺きの大社造り変態。鳥取県西部は大社造り変態が多い。
11



本殿左側面、蟇股彫刻があります。正面は覆われていて全く見えません。
12



蟇股彫刻。左側面(写真上)は右部分が欠損していますが、たぶん梅に鶯。背面(写真中)も同じく右がなくなって、跡が残っています。長い冠羽みたいなのが見えるので杜若と鷺?。右側面(写真下)は獅子。
13



境内右隅に阿形座型の狛犬。相棒を捜しましたがみつかりませんでした。
14



もともと石段両脇いた弘化三年の狛犬だと思います。
15



鳥取巨木巡り一覧


鳥取神社巡り一覧


  1. 2017/07/22(土) 23:22:07|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡琴浦町八橋 「諏訪神社」 狛犬と本殿彫刻 | ホーム | 西伯郡伯耆町大滝「山隠れの里」のバイキング再訪 2017年7月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

01 | 2020/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search