今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/09/11
西伯郡日吉津 「海鮮どんぶり 山芳亭」

日吉津のイオン駐車場にある新鮮市場内の海鮮どんぶりのお店「山芳亭」さん。
01



いつも長蛇で混み合っていて諦めていましたが、今日はお客様少なめ。初めて
のお伺いです。
02



お店前のメニュー、目移りして悩む悩む。支払い後、番号札をもって好きな席
で待ちます。
03






ほとんど相席の大きなテーブル席x4と両側のカウンター席。平日の1時前8割ぐ
らいの埋まり。これが土日ともなれば外で待っている状況。

番号を呼ばれ手をあげると丼が運ばれて来る仕組み。待ちくたびれたおじさん
が番号を呼ばれ、大きな声で「は~い」と手をあげ、目の前に丼が到着するや
満面の笑み。
おっ、呼ばれたと思ったら番号は同じだけど種類が違う。紛らわしな~。そん
なこんなで、25分後にやってきました。

天然真鯛の昆布じめ丼(1296円)。甘えびのみそ汁付き。
04



半分以上が鯛、そして中央に白いか、脇にイクラと温玉。鯛には白胡麻が振っ
てあります。厚めの切り身、昆布味が強いです。
05



ねっとりとして甘味があります。温玉を混ぜるとマイルドかつコクが出てき
ます。半分ぐらいになったらお茶を注いで茶漬けにするのも良いらしい。
06



遅れる事4分、山芳丼(1396円)。お店の名前が付いた看板丼。
07



周囲はまぐろづけで埋められ、中央に白いか、ウニ、イクラ。贅沢な組み合わ
せです。
08



こぶりなまぐろ。しっかりした味だが、少し濃い気もします。もちろんわさび
使用。久しぶりのウニの風味。イクラは小粒です。
09



目の前には何の説明もなく並んだ調味料とわさび。好きな様にでしょうけど
最初にお聞きました。左からづけだれ、じめだれ、たまり。最初はそのままで
後は好みで試して下さい。づけだれは甘めでまぐろに、じめだれは塩ベースで
〆たものや白イカなどにあうそうです。づけだれはかなり甘く、たまりの方が
好みでした。
10



酢飯とお茶漬けの説明。次回は酢飯と茶漬けに挑戦してみよう。
11


  1. 2017/09/11(月) 23:42:47|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市関金町安歩 「わさびの家」 | ホーム | 鳥取巨木巡り 「北平神社のムクノキとタブノキ」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search