今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/09/29
東伯郡北栄町由良宿 「高江神社」の本殿彫刻

前日、下調べをかねて神社参詣をいくつかしましたが生憎の小雨で写真を撮れ
ず、改めてこの日にゆっくりと参詣しました。

北栄町由良から県道297を200m程進むと、右に「高江神社」(東伯郡北栄町
由良宿978)の社頭。道路からすぐ鳥居、右に社号標。鳥居背後に赤瓦の随身門
兼神饌所。
01



随身門前の右の灯籠は笠の上に構え形の狛犬が乗っています。笠上の狛犬と言
えば「川六」さんを思い出しますが、この灯籠は「天保十三年寅六月吉日」の
刻字。川六さんの狛犬乗り灯籠より数年早い。このタイプの灯籠は川六さんの
アイデアと思っていましたが、すでに存在していたかも。川六さんと違うのは、
笠の反り、中台と台座の彫刻有無、石材。
02



かなり風化が進んで輪郭も分からなくなる寸前の狛犬、尾は落下して補修され
本来の位置とは違っています。中台には見事な龍の彫刻。
03






随身門を潜ると10m先に拝殿。赤瓦の入母屋造平入、入母屋の向拝。太い注連縄。
その拝殿の向こうに本殿の屋根が見えています。
04



拝殿の両側の離れた場所に2対の狛犬があります。1対は構え型、盤座下から
尾頂まで81cm。来待石製ではないです。頭部と胴部に比べてアンバランスな程
巨大な尾。風化が進み、体の彫りはほとんど見えなくなっています。
05



もう1対は座型。足裏から頭頂まで91cm。阿吽とも下顎が崩壊、目が窪んで、
微かに首をかしげています。下顎が無いので頭が小さく感じます。
06



鬣は巻き毛と房毛でそのまま腹まで彫られ前脚の裏にも毛並み。尾は左右に
分かれ立ち上がり上部で編み込まれ尖っています。堂々とした風格。珍しく
刻字もはっきりと読めました。「文化十癸酉九月吉日」「石工 善兵衞作」。
(FBにてK氏の解説)
善兵衛作、来待石製出雲式座型狛犬。実は善兵衛作の狛犬は、何故か本場出雲
では全く確認されておらず、鳥取県の当社、そして青谷町と淀江町の神社で確
認されています。
07



左に回って。本殿は銅板葺きの流造、急勾配の大きな千鳥破風を置き、唐破風
向拝、そしてとても高いです。境内地面から大棟までの高さをレーザー距離計
で簡易測定すると10.8mもありました。
08



屋根下には多くの彫刻が見えます。建物が大きいので彫刻も大きく、近寄り見
上げると迫力あります。
09



唐破風懸魚は鳳凰。尾羽が綺麗に彫られています。
10



水引虹梁上には龍、その上の唐破風入りは牡丹と獅子、牡丹の図案が少し変
わっています。上下で巾いっぱいに配置された龍と獅子はとても迫力があり
ます。虹梁の波文様も深い彫り。
11



正面扉には社紋の丸に違い鷹羽。扉脇羽目に龍の彫刻。その上琵琶板は波頭。
屋根下の組物は出組(一手先斗栱)。
12



扉脇羽目は扉の高さいっぱいの大きな雲龍。彫りが深くて立体感があり、また
大きいので迫力があります。
右が阿形の降龍。
13



左が吽形の昇龍。
14



左斜め手前からの屋根下。右から向拝柱の木鼻、向拝柱間の小板、奥柱の
木鼻、海老虹梁と持ち送り、その上の手挟み、屋根の持ち上げの斗栱、斗栱間
蟇股と華やかです。
15



向拝木鼻は正面が獅子、側面が獏、奥柱が象。細部までしっかりとした彫りで
眼光もするどいです。
16



向拝柱間の小板と屋根下の手挟みは雲水文様。海老虹梁下の持ち送りは流水と
蕾の菊。木鼻も含めて全面がくっきりとしていて華やかです。
17



本殿左側面。大きい流造では二重虹梁が多いです。下の虹梁は出組(一手先)で、
上の虹梁は出三斗で支えられています。
18



左側面長押上の彫刻は、デザインはそれぞれ違いますが、左右とも松。
19



背面長押上は、左右とも竹。透かしてあるので陰影がはっきりしています。
20



右側面長押上は、左右とも梅。
21



本殿背面廻縁下には一対の狐像と狐穴。「天保■ 巳三」と刻字が部分的に見
えます
22



右斜め後からの本殿。
23



境内左には、木花之佐久夜毘売を祀った「子安神社」。
24



社叢はタブの大木、スダジイ、スギ、モミジ、サカキ、モチノキ、ヤブニッケイ
などで構成されていました。
25



鳥取神社巡り一覧


  1. 2017/09/29(金) 23:21:29|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<岩美郡岩美町浦富 「シーサイドうらどめ」の魚料理 | ホーム | 西伯郡大山町 地魚料理「恵比須」 2017年9月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search