今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2017/10/28
西伯郡大山町押平 「押平神社」 彩色蟇股彫刻

以前一度参詣した「押平(おしなら)神社」(西伯郡大山町押平172)。彩色された蟇股彫刻がありましたが、夕方でしたので写真も撮れず、改めて参詣。

押平地区の住宅地内の道路から曲がると、正面に鳥居が見えてきます。駐車場は写真の手前に専用の広いスペースがあります。
01



正面の社頭。新しい鳥居の手前に狛犬、背後に灯籠、左に手水舎、すぐに随身門。右の社号標は古い鳥居で作られています。
02



丸台座の出雲式座型狛犬。左右とも顔が崩れて阿吽がわからなくなっています。刻字は「文政十一年 子三月日」。
03






鳥居をくぐるとすぐに随身門。
04



随身門の正面に黒瓦、入母屋造平入、軒向拝の拝殿。背後に本殿の屋根が少し見えています。注連縄は左綯えで太い。
05



左に回って。本殿は切妻造妻入に両下がりの向拝が潜り込んだ形で大社造変態と呼ばれます。正面は向拝で覆われているのでみえませんが、側面に彩色された彫刻が見えます。
06



本殿身舎の左側面。屋根の持ち上げは出三斗(でみつど)。軒の面も白く彩色されています。そして斗栱間の蟇股彫刻は鮮やかな彩色。
07



雨が降る中なので思うように彩色彫刻は撮れませんでした。
左側面、右の蟇股彫刻は、翼のある龍、即ち飛龍。
08



左側面、左の蟇股彫刻は、水葵とオシドリの番。
09



左斜め後からの本殿の姿。背面にも蟇股彫刻があります。
10



背面、右の蟇股彫刻は、獏。
11



背面、左の蟇股彫刻は、不明。布袋の様な姿ですが、持ち物が笛と瓢箪なので布袋とは違う。
12



右側面、右の蟇股彫刻は、恵比寿。
13



右側面、左の蟇股彫刻は、波兎。
14



彩色も素人っぽく、彫りも稚拙な感じがしますが、彩色されている事で見栄えが良くなっていました。

鳥取神社巡り一覧


  1. 2017/10/28(土) 23:51:25|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡琴浦町 魚料理「あかさき亭」 2017年10月 | ホーム | 西伯郡大山町高田 「高田神社」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2024/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search