今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/12/29
鳥取巨木巡り 「玉鉾神社のムクノキ」

国府町の袋川沿いの玉鉾地区に入ったけど分からずうろうろ。土手道を進み、簡易水道施設の手前から集落を見ると、社殿の一部とお目当ての高木を発見。小さな道の脇に斜め向きに建つ鳥居の「玉鉾神社」(鳥取市国府町玉鉾17)。鳥居左背後に繁っているのはヤブツバキの高木。
01



鳥居を潜って左斜めに社殿。
02



拝殿は入母屋造妻入、軒向拝です。手前に一対の狛犬、左の狛犬背後に何やら黒い影。社殿右奥に見えるのが巨木。
03






昭和六年の出雲式座型狛犬。高さは93cm。左吽形が子持ちです。吽形の子持ちは記憶にないので珍しいのかも?
(2018年1月追記、参詣した神社を見返したら米子市一部の「貴布禰神社」も吽形の子持ちでした。)
04



左の狛犬の後に見えていたのはタブノキ、高さ3mぐらいで切られています。横から小さな枝が伸びて葉を着けているので枯死してはいません。目通り幹周りを実測すると4.63mと巨木の一歩手前。
05



拝殿には彫刻はありませんでしたが、両側の縁に高さ34cmの狛犬。右阿形の口元や目玉は浪花式に見えますが、肝心の尾は直毛の立ち尾。
06



左吽形。阿吽とも尾の単純なデザインの毛並みが綺麗です。顔を90°振り向き、耳がぺたっと張り付いていて可愛い。頭も尾も丸みがあるのでついつい撫でてしまいました。
07



本殿は銅板葺きの流造。彫刻はありません。
08



さて、いよいよ巨木に。社殿を右に回ると本殿脇に2本の高木。両方とも高さ18mぐらいで切られています。
09



右がムクノキ、左がイチョウ。隙間無く隣り同士です。ムクノキ特有の発達した板根と少し赤味を帯びた樹肌。
10



真裏からの姿。目通し幹周りを実測すると4.93m。これはもう巨木と言っても良い太さ。
11



鳥取神社巡り一覧


鳥取巨木巡り一覧


  1. 2017/12/29(金) 23:23:25|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<島根県安来市 「安来プラーナ新春神楽 2017」 | ホーム | 岩美郡岩美町岩井 「御湯神社」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search