今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2018/02/14
東伯郡北栄町西園 「建速神社」

北栄町の県道23に沿って流れる川を渡り西園地区に入ると、すぐ右に「建速神社」(東伯郡北栄町西園1190)の社頭。右に灯籠と手水鉢、左に社号標、そして鳥居(宝暦十二年)。平地の境内に駐車可能でした。
01



鳥居から20m先に二の鳥居。境内は樹木は疎らで、明るいです。左の木はクスノキ。
02



二の鳥居から数段上がって上の境内、正面に拝殿。鳥居の前後に狛犬。
03






手前は高さ94cmの凝灰角礫岩製構え型。制作年の刻字は見あたらず。
04



奥は高さ67cm、同じく凝灰角礫岩製ですが、こちらはほとんど輪郭が丸くなっています。
05



拝殿は黒瓦、入母屋造平入、軒向拝。漆喰で塗られ落ち着いた感じ。装飾はありません。
06



本殿は銅板葺き、一間切造妻入に唐破風向拝が潜り込んだ造で大社造変態と呼ばれます。鳥取県中部では少なく、圧倒的に西部に多いです。
07



向拝部屋根下の様子。彫刻が見えます。
08



唐破風下には2体の龍。阿吽の配置ではありませんが、上は雲間の龍、下は波間の龍。彫りは龍頭が飛び出していて立体的です。
09



向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が獏。そして奥柱側面は獅子と珍しい構成。かなり睨みの利いた精悍な顔に彫られています。(写真は向拝左側)
10



向拝と本殿の左側装飾の様子。向拝側面の繋虹梁蟇股、奥柱の木鼻、海老虹梁、屋根持上の斗栱、斗栱間の蟇股。
11



向拝側面の繋ぎ虹梁上の蟇股彫刻。左側面(上)は一部欠損していて松と?。右側面(下)は松と鷹。左の欠損部は鷹と推測。
12



本殿身舎4面の斗栱間にも蟇股彫刻が施されています。正面は竹、背面は欠損していてはっきりしませんが老木の一部。たぶん梅と思います。
13



左側面は鶴、右側面は頭部が欠損していますが鶴。
14



鳥取神社巡り一覧

  1. 2018/02/14(水) 23:33:05|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取巨木巡り 「北原神社のケヤキとムクノキ」 | ホーム | 東伯郡琴浦町赤碕 「お食事処 香味徳」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search