今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2018/03/25
八頭郡智頭町中原 「中原神社」 大スギと本殿彫刻

国道373を下って、右の中原地区内を進み、鳥取道の高架を潜ると道路脇に「中原神社」(八頭郡智頭町中原398)が見えてきます。道路脇に鳥居、左背後に大木、正面に拝殿。
01



まずは気になるスギの大木。一端引いて、高さをレーザー簡易測定すると33.4m。単独でそびえているのでとても高く見えます。
02



目通し幹周り実測4.82。もうすぐ5mで巨木の仲間入りです。
03





鳥居には夫婦綯え襷掛けの注連縄。拝殿は入母屋妻入り軒向拝の簡素な造りです。
04



覆屋内の本殿は、入母屋造平入、正面に大千鳥破風を置き、向拝は唐破風。鳥取東部に多い八棟造。
05



屋根下の様子。軒は平行垂木の二軒、屋根の持ち上げは出組(一手先斗栱)。彫刻が見えています。
06



向拝虹梁上は龍。
07



正面扉には社紋の「丸に並び矢」。扉脇羽目に彫刻があります。右は竹に雀、左は杜若。
08



向拝柱木鼻は正面が獅子、側面が獏。どちらも後ろに長い耳、特に獅子の耳は長い。(写真は向拝右側木鼻)
09



木鼻の上にある手挟みは左右とも立体的な牡丹。(写真上が右側、下が左側)
10



本殿右側面の様子。斗栱間に彫刻、また廻縁に飛び出している脇障子(写真右)にも彫刻が施されています。
11



斗栱間彫刻は身舎4面にそれぞれあります。正面は、枇杷と猿。
12



右側面は、ねずみとおむすび。これは「おむすびころりん」なのか?
13



背面は、宝袋。
14



左側面は、兎の餅つき。
15



左右の脇障子の彫刻。右脇障子は、松に鷹。
16



左脇障子も、松に鷹。
17



「おむすびころりん」や「兎の餅つき」等の昔話や逸話などの題材に出会うと顔がほころびます。

鳥取巨木巡り一覧


鳥取神社巡り一覧


  1. 2018/03/25(日) 22:30:23|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<八頭郡智頭町福原 郷山キッチン「おむすびころりん」 2018年3月 | ホーム | 八頭郡智頭町駒帰 「温江神社」 変わり狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2024/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search