今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2018/05/31
鳥取巨木巡り 「唐王神社のタブノキ」

JR大山口駅近くの「弥生の風」さんでランチを終えてお店を出ると「唐王神社」への小さな矢印案内があり、参詣する事にしました。矢印は要所要所にあり、田んぼ道を進むと「唐王(とうのう)神社」(西伯郡大山町唐王725)の社頭。道路から10m下がって鳥居、その先に拝殿。全体が木々に覆われています。鳥居の刻字は「寛政八年辰三月吉祥日」。
01



鳥居両脇に、盤座下から尾頂まで66cmの凝灰角礫岩の構え型狛犬。風化して輪郭が丸くなっています。
02



左の狛犬の後ろにタブノキ。右の小幹を外して幹周りを測定、3.91m、主幹は5m程で朽ちていますが、若い枝が10mぐらいの高さまで伸びています。
03





鳥居を潜ると石畳参道、20m先に拝殿。両脇に灯籠3対、狛犬2対。
04



古い方は高さ70cm、丸台座の出雲式座型の狛犬。阿形は下顎が欠落。刻字は「万延元 申八月三日」。
05



本殿は大社造変態。正面は覆われていて見えません。
06



本殿左側面。斗栱間の羽目板と蟇股に彫刻が見えます。
07



羽目板、蟇股共に左側面は蕾の菊、右側面は満開の菊。流れと合わせてある図案は菊水と呼ばれます。写真上が左側面、下が右側面。
08



本殿背面の様子。彫刻は2カ所あります。
09



背面の左右とも同じく菊。写真上が背面右、下が左。
10



本殿右後ろにタブノキの巨木。高さ10mで2分岐、樹高は18mぐらい。
11



特に根回りが目をひきます。瘤やうねりで広がっていて、根巾は6mぐらい。
12



意外にも幹はでこぼこも無く真っ直ぐです。幹周り実測4.55m。
13



奉納寄進の石碑には「天保十四年卯三月吉日」「石疊階梯」「石工上万村大左エ門」など刻字されていました。

鳥取巨木巡り一覧


鳥取神社巡り一覧


  1. 2018/05/31(木) 23:12:36|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取巨木巡り 「北野神社の大ケヤキ」 | ホーム | 西伯郡大山町国信 「弥生の風」の日替りランチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search