今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2018/10/06
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(5) 紫尾温泉「旅籠しび荘」(鹿児島県)

湯川内温泉から山を越えてやって来たのは鹿児島県薩摩郡さつま町の紫尾温泉。日帰り入浴施設と数軒の温泉宿のある温泉郷です。
共同の大きな駐車場の横に紫尾神社。拝殿は入母屋造妻入軒向拝、左に手水舎、右は日帰り入浴施設の建物。
01



手水舎には胴体をくねらせた龍、口から水注いでいます。もしかして温泉かと手を浸けてみましたが冷たかったです。
02



そして拝殿横に案内があり、賽銭箱の下に源泉があると書いてあります。右隣の「神の湯」と言う日帰り入浴施設で、この源泉を引いているらしい。
03





お伺いしたのは、道路を向かいの「旅籠しび荘」さん。
04



入浴料は300円。川に向かって階段を下りると大浴場があります。手前が女湯、奥が男湯、突き当たりを右に出ると露天。
05



露天は宿泊者専用になっています。ちょっと拝見、川沿いにある岩風呂。
06



この日は誰もいらっしゃらなかったです。広くて、白と水色で明るい脱衣所。
07



浴室中央にタイル湯船、壁際にコンクリート製の長細い湯船がありました。
08



長辺3mの長円で水色のタイル貼り湯船。透明ではなく薄い緑色です。そしてかなりのイオウ臭。浴感はつるつるのキシキシ。湯温はガツンとくる43.1°。たっぷり注がれ縁から溢れています。
09



コクリート製湯船の湯温は40.0°と低め、そして少し濁り気味。熱湯、ぬる湯交互に入れるのが良いです。この日は最後まで独泉でした。
10



掲示してあった成分表によると、しび荘は温度違いの源泉を2つ使われている様です。源泉住所から判断すると熱い方は紫尾1号泉で神社の所。低めの紫尾2号泉は自家源泉。

九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(1)  巨木「南馬場の大樟」(福岡県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(2) 日奈久温泉「浜膳旅館」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(3) 巨木「出水の大楠」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(4) 湯川内温泉「かじか荘」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(5) 紫尾温泉「旅籠しび荘」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(6) 十割手打ち蕎麦「麺笑やなぎ庵」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(7) 「民宿国見ヶ丘」と「高千穂神楽」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(8) 「高千穂峡」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(9) 巨木「高千穂神社の秩父杉」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(10) 巨木「拝所の大杉」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(11) 巨木「野尻の大欅」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(12) 「通潤橋」と「辰頭温泉」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(13) 巨木「滴水のイチョウ」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(14) 川棚温泉「旅館小天狗」と巨木「川棚のクスの森」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(15) 巨木「秋吉八幡宮のイチョウ」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(16) 巨木「大覚寺のビャクシン」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(17) 巨木「鶴ヶ嶺八幡宮のクスノキ・スギ」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(18) 活イカ専門店「梅乃葉」(山口県)

  1. 2018/10/06(土) 22:51:44|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(6) 十割手打ち蕎麦「麺笑やなぎ庵」(鹿児島県) | ホーム | 九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(4) 湯川内温泉「かじか荘」(鹿児島県)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search