今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2018/10/08
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(15) 巨木「秋吉八幡宮のイチョウ」(山口県)

山口県からはいつも中国道で帰りますが今回は日本海側をのんびり進む事にしました。巨木はgoogleマップに落とし込んでいるので道沿いの数カ所を訪ねます。

川棚温泉からほぼ東に進み、「秋吉八幡宮」(山口県美祢市秋芳町秋吉)に到着。大きな社号標や常夜灯。石段途中に一の鳥居。背後はスギの高木。
01



石段を上りきると二の鳥居、その先正面に社殿。
02



拝殿右に「秋吉八幡宮のイチョウ」。
03





単幹でなく数本の集まり。高さは目測30mぐらい。
04



横からみると様子が良く分かります。手前が一番太いがそれ程でもなく他は細いです。
05



真裏に回ると1つの木と考えるには無理がありそう。株立ちですが、お互いが離れているので一体感はありません。幹周りの目測は止めておきます。
06



拝殿は入母屋造平入に唐破風向拝。軒がとても深いです。両脇に狛犬一対。
07



胸を張った風格のある素晴らしい座型の狛犬です。大きな台座の彫りも素晴らしい。吽形は玉を押さえ、頭には角があります。刻字は「安政六己未四月吉日」、「石工萩 山中勝藏 藤原利典」。
08



顔の造作も独特。ブルドッグ風な唇のうねり、吽形の牙は上下で噛み合っています。
09



流れる鬣、背骨も浮き上がっています。尾は3分れの団扇尾。このタイプの狛犬は鳥取県では見た事ありません。たぶん萩型と言われる狛犬。
10



拝殿向拝の虹梁には中央に宝珠(玉)、両側に阿吽の龍が彫られています。
11



向拝柱の木鼻は、正面が獅子、側面が獏。
12



拝殿の軒が深かったのは三軒(みのき)だったから。初めて見ました。
13



本殿は新しそうな流造。目立った彫刻はありません。
14



巨木を訪ねてきましたが、狛犬に引き寄せられてしまいました。
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(1)  巨木「南馬場の大樟」(福岡県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(2) 日奈久温泉「浜膳旅館」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(3) 巨木「出水の大楠」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(4) 湯川内温泉「かじか荘」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(5) 紫尾温泉「旅籠しび荘」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(6) 十割手打ち蕎麦「麺笑やなぎ庵」(鹿児島県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(7) 「民宿国見ヶ丘」と「高千穂神楽」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(8) 「高千穂峡」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(9) 巨木「高千穂神社の秩父杉」(宮崎県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(10) 巨木「拝所の大杉」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(11) 巨木「野尻の大欅」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(12) 「通潤橋」と「辰頭温泉」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(13) 巨木「滴水のイチョウ」(熊本県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(14) 川棚温泉「旅館小天狗」と巨木「川棚のクスの森」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(15) 巨木「秋吉八幡宮のイチョウ」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(16) 巨木「大覚寺のビャクシン」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(17) 巨木「鶴ヶ嶺八幡宮のクスノキ・スギ」(山口県)
九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(18) 活イカ専門店「梅乃葉」(山口県)


  1. 2018/10/08(月) 22:23:33|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(16) 巨木「大覚寺のビャクシン」(山口県) | ホーム | 九州中国温泉巨木旅2018Ⅱ(14) 川棚温泉「旅館小天狗」と巨木「川棚のクスの森」(山口県)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search