今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/01/03
松江市八雲町 「熊野大社」 2019年初詣

初詣に松江市八雲町「熊野大社」へ。渋滞ができる程に参拝の人々で賑わっています。

道路脇すぐに一の鳥居、左に社号標。
01



鳥居を潜ると、両脇に松並木の玉砂利参道が80mほどまっすぐ伸びています。
02



鳥居背後には大きな出雲式構え型の狛犬。刻字は確認できませんでしたが、古いタイプの堂々とした素晴らしい彫り。
03





突き当たりから緩く左に曲がると、二の鳥居が見えてきます。今日は露店も出て賑わっています。
04



二の鳥居を潜ると意宇川に架かる朱色の橋。この日は初詣の人で橋中央辺りから列ができていました。
05



橋を渡ると三の鳥居、鳥居左背後に手水舎、そして石段と続いています。
06



石段頂部、両脇にも大きな出雲式構え型の狛犬。ここでも刻字は確認できませんでしたが、先程の狛犬に似ています。もしかしたら同じ石工さん作かも。
07



狛犬を過ぎると数段上に随身門。出雲大社と同じ左本、左綯えの太い注連縄。
08



門を潜ると、参道20m先に透塀に囲まれた社殿、途中右に舞殿。
09



舞殿は檜皮葺?の典型的な方形の入母屋造り妻入、蔀戸、全周に廻縁。
10



拝殿は切妻造平入に緩やかな勾配の切妻向拝、注連縄は同じく大社系。破風には金色の飾り金具。
11



祈祷していただきました。
12



社殿左の透塀の隙間からの様子。写真右が本殿で2間x2間の大社造、両下げ降り屋根の向拝は右に寄っています。左は伊邪那美神社で1間x1間の大社造変態。
13



一際目を惹いたのはこの建物。鑽火殿(さんかでん)と記してありました。屋根は萱葺き、丸垂木で萱を受け、棟持柱が外に飛び出し、壁は檜皮張りの高床式倉庫タイプ。初めて目にしました。
14



想像以上に規模の大きな神社でした。参拝後は露店でみたらし団子と焼きイカ。
15


  1. 2019/01/03(木) 22:34:02|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<島根県安来市 「そば処 まつうら」 2018年1月 | ホーム | 2018年〆旅(3) 水沢うどん「田丸屋」と伊香保温泉「松本楼」(群馬県)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search