今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2019/02/07
鳥取市 尾崎「尾崎神社」 大塚「小冠神社」

******************************

「尾崎神社」 (鳥取市尾崎260)

上段地区から西へ、川を渡って尾崎地区へ。幟竿を目印に民家横を歩いて進むと、自然石の石段が見えてきます。大きな灯籠と鳥居。
01



鳥居左背後にスダジイの巨木。幹周りは目測4.5m。
02



石段途中から振り返って。高さは目測16m、上部の主幹は朽ちています。
03





自然石の石段が続き、頂部に社殿。
04



上りきると4m先に入母屋造妻入、軒向拝の拝殿。両側には狛犬と灯籠。
05



高さ92cm、出雲式座型の狛犬。刻字は「昭和六年九月吉日」。
06



本殿は流造、新しそうでした。
07




******************************

「小冠神社」 (鳥取市大塚212)

2月3日、鳥居前までやって来て雨のため断念しました。尾崎地区の北側にある大塚地区の公民館横に「小冠(おかんむり)神社」の鳥居。
08



緩い上り坂を100m進むと石段、両側にスダジイの大木があり薄暗い。
09



18段上ると随身門、左に灯籠とスダジイ。門右背後にもスダジイの大木。
10



随身門を潜ると正面にさらに石段、その上に社殿。石段左に一番大きなスダジイ。
11



21段上ると3m先に入母屋妻入の拝殿、参道脇に灯籠と狛犬。
12



石段上から下の境内の様子。石段脇と随身門後ろにスダジイの大木が見えています。社叢はスダジイの大木とても多いですが、ほとんど中心部が朽ちた状態でした。
12a



高さ74cm、出雲式座型の狛犬。刻字は「大正十一年十月吉日」。
13



本殿は流造、階段下の狛犬。
14



高さ48cm、砂岩製?の狛犬。右は大きな房状の鬣、左は巻き毛。また右は立ち耳、左は伏せ耳。右は前脚が一部欠損。
15



頭部以外は体毛表現はありません。右は肋骨が浮いています。尾は立尾の様ですが欠損。
16



本殿虹梁上には龍の彫刻。他には目立った彫刻はありませんでした。本殿亀腹の刻字は「明治三十九年午ノ十月」、「服部村 石工 久五郎」。
17



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/02/07(木) 23:37:59|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<皆生温泉 「風雅」 | ホーム | 鳥取市上段 「上段神社」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2024/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search