今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/02/16
日野郡日野町秋縄 「髙圀神社」

国道180から県道311に入って右の秋縄(あきつな)地区へ。地区手前川向こうの高台に鳥居が見えてきます。橋を渡ると大きな広場。その横に「髙圀神社」(日野町秋縄914)の社頭。10段上に社号標と標柱。標柱の刻字は「大正十年五月建之」、「石工 住田泰之助」。
01



標柱の後ろはすぐに鳥居。緩やかな参道が12m程続きます。鳥居の刻字は読めない。
02



参道途中、左右に手水鉢と新しい狛犬、左背後に灯籠、そして石段。灯籠の刻字は「天保四年巳九月吉日」、「石工 加藤助吉」。
03





19段の石段頂部に狛犬と随身門。
04



高さ82cm、出雲式座型の狛犬。刻字は「明治六年九月吉日」。
05



随身門を潜ると3m先から2回に分けて石段が始まり、10段上ると下の境内。石垣両側に狛犬と灯籠。最上部に拝殿が見えます。
06



盤座下から尾頂まで83cm、出雲式構え型の狛犬。刻字は「明治廿五年辰旧十月五日」。狛犬背後の灯籠の刻字は「天保四巳九月吉日」。
07



下の境内左側は舞殿。
08



下の境右側には神輿庫。その左に狛犬、左吽形1体のみで82cmの出雲式構え型。刻字は確認不可。相棒は見あたらず。
09



最後の石段の右脇に幹周り目測3.5mのケヤキ。
10



20段上ると頂部両側に狐像、3m先に入母屋造平入、唐破風向拝の拝殿。少し彫刻があります。
11



向拝虹梁上の蟇股は波兎、その上の破風入りには龍。
12



向拝柱には右が阿形、左が吽形の木鼻彫刻。正面は獅子、側面は象。瞳は彩色か金属嵌め込みが施されています。
13



本殿は切妻造に弊殿が潜り込んだ形で大社造変態。
14



本殿裏には狐穴があり、その下に来待石製狐像。
15



境内左最奥に境内社。その前に一対の狛犬。ここでも一目見て石工さんが想像できました。
16



高さ59cm、座型の狛犬。凝灰岩か? すらっとした細身。体表面には菊花紋。右阿形は顔面が欠損し、吽形は尾に大きな亀裂ができ補修してあります。
17



八の字の大きな耳、飛び出した目。
18



太く深い彫り筋、谷も山も鋭角です。阿吽で尾先の表現が違います。右阿形は捻り房が4つ集まっています。左吽形は全体がゆるく捻れて集まっています。
19



刻字は「明治十七年申十月日」、「石工 梅林米吉作」。日野町舟場「嚴島神社」、直前の日野町別所「堀八幡宮」に続いて米吉さん作の狛犬の3例目です。

鳥取神社巡り一覧

  1. 2019/02/16(土) 22:49:37|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<日野郡日野町貝原 「ふる里」 2019年2月 | ホーム | 日野郡日野町別所 「堀八幡宮」の狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search