今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/02/16
日野郡日野町津地 「安井神社」

根雨から国道180を西に進み、日野川を渡って対岸の津地地区へ。集落の山手、坂道の途中に「安井神社」(日野町津地423)の標柱とスギの高木が見えてきます。
01



一段上に標柱、右後ろに手水鉢、背後直後から石段が伸び消えています。
02



標柱の基礎全体に龍の彫刻。彫刻がある事自体珍しいです。刻字は「明治三十五年六月吉日」、「神奈川村字一反村 石工 宇田川松太郎 宇田川竹次郎」。
03





この形の手水鉢は初めて。魚の形、口がきちんと作り込まれています。
04



石段途中に鳥居。さらに上に社殿が少し見えています。石段下の親柱の刻字は「安永七戊戌十一月吉日」、「石工 奥野平吉」。他所の神社で奥野平吉さんは泉州の石工さんと確認しています。
05



27段上に鳥居、両脇に狛犬、さらに石段が続いています。鳥居の刻字は「享和二壬戌年 六月吉日立之」、「石工 泉州 奥野正吉蕃」。
06



高さ74cm、丸台座の座型狛犬。凝灰岩製か? 頭部は大きく、大きな伏せ耳、尾は小さな丸尾形式。
07



正面から見ると頭が大きく前脚が細いのでしゃもじ体型。足首の細さに比べて甲・指が巨大。
08



阿形、直列の前歯、側面には3つの牙。目は長円卵形。
09



吽形、M字の眉。この顔つきどこかで見ました。
09a



吽形背後、尾の彫り筋は大きく鋭角です。刻字は「天保三年辰六月吉日」。石工銘はありません。
10



鳥居を潜ると最後の石段が伸び頂部に社殿が見えています。
11



55段上、2m正面に拝殿、両側に灯籠。灯籠の刻字は「享和三載亥九月吉辰」。
12



拝殿は入母屋造平入に入母屋向拝。本殿は切妻作平入。どちらにも彫刻類はありません。本殿亀腹の刻字は「寛政四年子八月日」。
13



境内右に境内社。
14



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/02/16(土) 23:51:52|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡琴浦町赤碕 「亀嵜神社」の狛犬 | ホーム | 日野郡日野町貝原 「ふる里」 2019年2月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search