今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/02/24
島根、神楽と巨木旅2019(6) 「白銀の舞」神楽大会(大田市民会館)

今回の旅の一番の楽しみは、大田市民会館の神楽大会。前売り券も取り置きをお願いしていました。9時から夕方17時までの長時間、11演目あります。すでに会場は満席に近い。

******************************
「四方剣」(土江子ども神楽団)
地域の文化を継承している子ども達の晴れ舞台。
01



この舞いは場を清める神事舞いで4人の舞いです。烏帽子が外れるハプニングもありましたが動ぜず最後まで努めました。
02



******************************
「姫逃池」(多根神楽団)
プローローグの歌、抑えた笛と太鼓。恋をするお雪の登場。
03





急に大きく勢いのある奏楽になってお雪を奪いに山賊が登場。
04



お雪を守ろうとする若者と山賊の戦い。しかし若者もお雪も命を絶ってしまう。
05



大太鼓の人は体を左右にふって迫力の音。龍神の助けを受け、ついに山賊の頭を討つ。
06



******************************
「清瀧」(刺鹿神楽団)
清姫を舞うのは珍しく女性でした。
07



平家の落ち武者と姫を守る源氏の武者との戦い。一瞬にして顔に面が着いている。
08



衣装も瞬間に変わり、きらびやかになる。石見神楽のアップテンポの激しい舞いです。迫力ありました。
09



******************************
「土蜘蛛」(忍原地頭所神楽団)
笛の音が高く大きい、大太鼓の振りも大きい。演者の方も体格が良い。胡蝶が薬をもらいに行く場面。薬屋さんに化けていた土蜘蛛が本性を現し、ほんの一瞬に衣装が変わり、面も鬼面に鮮やかに変わる。会場からは一斉に拍手。
10



蜘蛛の糸で胡蝶を仕留め、なりすまして源頼光の元へ薬を持ち帰る。
11



胡蝶に化けた土蜘蛛、頼光に毒薬を飲ませてほくそ笑むが、見破られてしまう。次々と面が変わり、衣装も変わって行く。息つぐ暇も無く展開が早い。胡蝶役の人は、高い女声から太い男声に変えていました。
12



手傷を負って逃げた土蜘蛛を頼光の家来が追いかけ、激しい戦いが始まりました。
13



辺り一面蜘蛛の巣に覆われる。動きも一段と激しくなって、目が釘付け状態。
14



回転する度にきらびやかな衣装が翻って、戦いは続くが、ついに土蜘蛛は倒される。声がよく通り、奏楽も力がこもり、息の合った激しい舞いで引き込まれました。
15



******************************
「大蛇」(石見神楽温泉津舞子連中)
昨夜、観劇した温泉津夜神楽の皆さんです。昨夜は少し端折ってありましたが、今日はイナダヒメ、アシナヅチ、テナヅチも登場。
16



大蛇もフルで登場。まずは全員そろってご挨拶(笑
17



決めのポーズが次々繰り出される。こちら「瀑布」と「旋回大輪」。
18



続いて「捻り締め」と「立ち渦巻き」。まるで花火を見ているようです。ポーズ名は適当に付けました。
19



舞台いっぱいに暴れる大蛇とスサノウとの戦い。巻き込まれながらも剣をふるう。
20



次々と討ち取り、ついに最後の白大蛇の頭を切り離し、「やった~」。
21



******************************
お昼休憩は30分。会場で買い求めた鯖寿司と押し寿司をいただきました。
22



******************************
「えびす」(石見銀山神楽連盟合同)
えびす、大黒、小さなえびすも混ざって会場中に餅まき。そしてコミカルな舞いで和みました。強肩のえびすさん、かなり遠くまで餅を投げていましたが、後半は疲れた様でもっぱら目の前にばらまき(笑
23




******************************
「寿永の乱」(宮乃木神楽団)
広島からの招待神楽団。広島の神楽は演出が強く神楽と言うより物語劇となっています。この演目は平氏滅亡のお話。
低く太い笛の音。小太鼓のむち打つ様な響き、弁慶役の口上。一気に物語の世界に入っていきます。
24



豪華絢爛な衣装を纏っての戦いの舞い。義経は大太鼓の上に乗ってしまいました。
25



弁慶、義経に平家は追い詰められ、安徳天皇を連れて逃れていきます。
26



屋島の戦い、那須ノ与一の弓。
27



遂に壇之浦の戦いに突入。入り乱れての舞い。
28



奏楽の強弱、特に小太鼓の鈍く激しい音。広島の高速回転の連続。
29



平氏は力尽き、次々入水。一際高く悲しみの笛の音、「おじいさま~」と叫び安徳天皇が飛び込む場面、そしてキラキラ舞い落ちる泡の中を沈んでゆく姿。涙をさそう。
30



お神楽を観て涙が出たのは初めてです。演劇性の高い広島神楽はあまり好みではありませんでしたが惹きつけるものがありました。

******************************
「日御碕」(三瓶山神代神楽社中)
うって変わって動きの少ない優しい舞い。魔神と日御崎大明神の戦い。日御崎役は女性でした、いかにも女性らしい身のこなし。魔神もどことなくほのぼのとしています。
31



ゆっくり進められ、舞いはのったり、おっとり、ほのぼの。観ていて疲れない息抜きの様な舞いでした。
32



******************************
まだ3演目残っていましたが、長時間座っていて疲れが出てきたため、残念ですがここで会場を後にしました。

石見神楽過去記事 2019/02/23
石見神楽過去記事 2018/01/02
石見神楽過去記事 2017/04/16
大山三宝荒神社大神楽過去記事 2016/11/03
備中神楽過去記事 2015/03/08
備中神楽過去記事 2015/03/08
石見神楽過去記事 2014/11/23
石見神楽過去記事 2013/05/05
石見神楽過去記事 2011/01/04
石見神楽過去記事 2011/01/03
石見神楽過去記事 2008/08/15


【島根、神楽と巨木旅2019】
(1) 巨木「本谷王子神社のスダジイ」(大田市富山町神原)
(2) 「海の店ささき」(大田市五十猛町)
(3) 巨木「大元神社のカツラ」(大田市温泉津町井田)
(4) 温泉津温泉「のがわや」
(5) 温泉津温泉「龍御前神社の夜神楽」
(6) 「白銀の舞」神楽大会(大田市民会館)
(7) 巨木「狭槌神社のアカガシ」(出雲市佐田町東村)
(8) 「マリンタラソ出雲」(出雲市多伎町多岐)
(9) 巨木「須佐神社のスギ」(出雲市佐田町須佐)
(10) 巨木「高龗神社のタブノキ」(雲南市三刀屋町乙加宮)
(11) 巨木「峯寺のスダジイ」(雲南市三刀屋町給下)
(12) 巨木「海潮のカツラ」(雲南市大東町中湯石)
(13) 夢ランドしらさぎ内「レストラン白鷺」(安来市古川町)

  1. 2019/02/24(日) 22:30:00|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<島根、神楽と巨木旅2019(7) 巨木「狭槌神社のアカガシ」(出雲市佐田町東村) | ホーム | 島根、神楽と巨木旅2019(5) 温泉津温泉「龍御前神社の夜神楽」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search