今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/03/02
鳥取市佐治町加瀬木 「笹尾神社」 迫力の胴羽目彫刻

佐治川右岸、加瀬木地区の下流側の民家の間に「笹尾神社」(佐治町加瀬木1479)の参道入り口があり20m先に鳥居。鳥居の刻字は「明治廿一年戌子旧九月建之」、「知頭郡鷹狩村 石工 松下芳蔵 同郡高山村 中谷千蔵」。
01



鳥居潜った正面は巨大灯籠。刻字は「明治三十四年九月十九日」、「石工 馬橋村 松下芳蔵」。鳥居の石工さんと同じだが村名は違います。鷹狩村の小村が馬橋村と思われます。
02



鳥居左に直角に石段が始まります。68段上ると踊り場、まっすぐ行けば薬師堂、右の石段を行けば神社。
03





16段上に境内。右に入母屋造平入、軒向拝の拝殿。向拝下に高さ81cm、出雲式座型の狛犬。刻字は「昭和三年十月十九日」。
04



回り込むと覆屋内に本殿。
05



入母屋造平入、正面に千鳥破風を置き、向拝は唐破風。八棟造と呼ばれる形式。軒は二軒、持ち上げは二手先斗栱。大きな胴羽目彫刻が見えていますが、正面から順に見ていきます。
06



向拝虹梁上に龍、その上の破風入りにも龍。上下で対峙する構図。写真では見切れていますが向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が獏。
07



正面扉には社紋の因州守。長押上には2体の龍。両脇には扉脇羽目彫刻。
08



扉脇羽目彫刻、右は鯉の滝登り、左は少し迷うけど山鵲。
09



左側面。大きな胴羽目彫刻、張り出した脇障子彫刻、上には斗栱間彫刻とすごい迫力。
10



同じく右側面。
11



左側面の胴羽目彫刻は竹林の寅。大きいので迫力あります。
12



右側面の胴羽目彫刻はかなり立体的な牡丹に獅子。
13



背面の胴羽目彫刻は象と唐子。たぶん二十四孝の「舜王」を意図したものでしょう。
14



身舎から廻縁に張り出しているのが脇障子。左右それぞれ彫刻が施されています。
左は松に鷹。
15



右は猿を襲う鷲、後ろは枇杷の木。
16



上部の斗栱間彫刻は3面にあります。左側面が親子亀、右側面が鶴、背面は分身は見えませんが息を吐く口元、瓢箪、鉄杖などから「鉄拐(てっかい)仙人」。
17



驚いた事に本殿に接するように右に小ぶりの社殿。境内社か旧本殿かわかりませんが、入母屋造平入、正面に千鳥破風、向拝は軒向拝。本殿にそっくりです。そしてこちらも彫刻がびっしり。
18



向拝虹梁上は龍。向拝柱の木鼻は獅子と獏。
19



本殿と同じ様に身舎3面に胴羽目彫刻があります。
左側面の胴羽目彫刻は竹藪の雀。
20



右側面の胴羽目彫刻は梅に鶯。
21



背面の胴羽目彫刻は松に夫婦鶴。
22



上部の斗栱間彫刻も3面にあります。左側面は千鳥、右側面は鶴、背面は飛龍。
23



本殿亀腹の刻字は「安永二癸年巳九月吉日」。

鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/03/02(土) 23:28:17|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<岡山県苫田郡鏡野町上斎原 「上齋原神社」 | ホーム | 鳥取市佐治町高山 「高山神社」の華麗な本殿彫刻、十二支他>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search