今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/06/25
倉吉市穴窪 「穴窪八幡神社」の狛犬

FB友のK氏に教えてもらった「久米郡田内村 石工 勘兵エ」の狛犬は県内に3例確認されています。今回は「桑原神社」に次いで2例目となる狛犬に会いに倉吉市穴窪の「穴窪八幡神社」(倉吉市穴窪163の西)に参詣。周りを田んぼに囲まれて社叢がぽつりとあります。
01



農道から40m先に鳥居、右に社号標、左後ろに手水鉢、すぐ後ろに参籠所。右にムクノキ、左にセンダン。鳥居の刻字は「昭和十九年五月吉祥」、「石工 御古■藏 池本留吉 菅原愛三 池田信春」。■は虎の異体字「乕」の略字と思われます。
02



背後の来待石製蓮型手水鉢はK氏にぜひ刻字確認してみてと言われていたもの。上部は剥離で葉脈は見えなくなっていますが台座と基礎の彫刻は残っています。
03





六角基礎の2面には波頭、上の台座には龍の浮き彫り。刻字は「松江大寺町 石工 磯右衛門作」、「松」は旁と偏が「枩」の様に上下に刻まれています。磯右衛門さんは湯梨浜町「倭文神社」の名品狛犬の石工さん。
04



潜り参籠所の先に社殿。
05



潜るとこぢんまりとした境内、20m先に入母屋造平入に軒向拝の拝殿。拝殿の屋根越しに本殿の赤い屋根が見えます。
06



手前に1対の狛犬と4基の灯籠。灯籠の刻字は右から「嘉永元申四月吉日」、「文化十三年丙子八月吉日」、「天保十四年夘七月吉日」、「嘉永五子十一月吉日」。
07



高さ65cm、小判型台座の座型狛犬。一目でわかる表情です。台座の足は波形で正面には社紋の違矢。刻字は「文政五午年九月日」、「田内村 石工 勘兵エ 直七 嘉助」。
08



阿吽とも少し内側を向いています。
09



最も特徴のある右阿形の顔。耳は大きな伏せ耳。前歯茎をあらわにして大きく開けた口、端に奥牙。その上に大きな鼻の穴、目は巨大。にやっと笑っている様に見えます。
10



左吽形。少し歯茎を見せています。頭部は丸いツルツル(笑
11



背面の鬣と尾は彫りがくっきりとして流れる様でなおかつ力強さがあります。鬣は長く多くの渦巻き。尾は阿吽でデザインが違い、右阿形は左右に分かれ体に張り付いています。左吽形は左右に分かれた上に中央の一房がぐるっと円を描いています。尾は石工さんの腕の見せ所。
12



勘兵エさん作の狛犬は青谷町「桑原神社」、三朝町「北野神社」、そして当「穴窪八幡神社」の3例が確認されています。また真庭市中和「中和神社」には勘兵エさん作の犬像があります。

拝殿には大きな注連縄、その上には2体の龍。
13



本殿は流造。正面は覆われているので見えません。
14



唯一向拝柱の木鼻だけが表に見えています。正面は獅子、側面は獏。また側面背面ともに彫刻はありません。
15



社叢は倉吉市の名木に登録されていて主にマツと記してありますがマツは1本もありませんでした。しかし、ムクノキ、センダン、ヤブニッケイ、イチョウ、ツバキ、タブノキ、クヌギなど豊かな樹種でした。

鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/06/25(火) 23:19:32|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市下古川 「舩内神社」 蟇股彫刻、タブノキ | ホーム | 琴浦町赤碕 「八幡大神」の狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search