今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/06/25
倉吉市下古川 「舩内神社」 蟇股彫刻、タブノキ

地区内道路から8m下がって「舩内(ふない)神社」(倉吉市下古川160)の鳥居。地震のため額は落下、右の灯籠は倒壊したままです。
01



鳥居を潜ると広い境内が広がっています。
02



30m先に随身門。手前に灯籠(天保十二辛丒九月吉日)、右にタブノキ。
03





随身門は中央屋根が一段高くなった構造。虹梁上には蟇股彫刻が施されています。
04



くっきりした彫りの蟇股彫刻。右は桐に鳳凰、左は枇杷。
05



よく見ると枇杷の葉にカタツムリがいます。
06



門の背面にも蟇股彫刻がありますが左は欠損。右は水際を駆ける犀。対とすれば左は麒麟だったかも。
07



随身門から参道が伸び18m先に赤瓦入母屋造平入、軒向拝の拝殿。
08



本殿は大社造変態、唐破風向拝。
09



彫刻が見られます。
10



向拝側面の繋ぎ虹梁上に蟇股彫刻があります。左側面は鶴と亀。右側面は鳥取県で初めて確認した牡丹に眠り猫。
11



左斜め後ろからの本殿。屋根の持ち上げは二手先斗栱。斗栱間に蟇股彫刻が見えます。また尾垂木にも彫刻が施されています。
12



斗栱間の蟇股彫刻。左側面は紐で繋がれた猿と操る人物、猿回しでしょうか。右側面は竹林の虎。
13



正面は欠損。背面は松、竹、猿ですが題材は不明。
14



尾垂木には龍や獏が見られます。
15



境内左、小社の後ろにタブノキの巨木。写真の右端はスダジイ。
16



樹高はレーザー簡易測定で14.3m。
17



白い樹肌、とても低い位置で2分岐。
18



真裏から。2本の株立ちの様です。幹周り実測6.04mと巨木です。
19



タブノキの奥には幹周り実測4.07mのスダジイ、高さはタブノキと同じぐらい。
20



広い境内には疎らですが大きな木があります。タブノキ5本を筆頭にイチョウ、ムクノキ、スダジイ、モッコク。サカキは白い小さな花が満開。

鳥取巨木巡り一覧


鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/06/25(火) 23:50:53|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市清谷町 「市場食堂」 2019年6月 | ホーム | 倉吉市穴窪 「穴窪八幡神社」の狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search