今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/08/04
大山町豊房 「日間神社」の狛犬

大山町豊房の別所集落入り口、入ってすぐに「日間神社」(大山町豊房1342)。道に接して参道。左に社号標、両脇に手水鉢、新しい狛犬、灯籠、そして鳥居。一段上がって社殿。右の手水鉢の刻字は「明治十九年九月日」、左は「明治八年亥五月吉日」。左右の灯籠は「明治廿一年子八月吉日」、「高田村 石工 桒本福信」、桒は桑の異体字。
01



5段上ると参道7m先に拝殿、途中両脇に狛犬2対と灯籠。
02



盤座下から尾頂まで55cm、出雲式構え型狛犬。なかなかの彫りです。刻字は「明治卄三年四月■日」。
03





足裏から高さ61cmの座型。盤座と一体彫り、盤座は下の台座に嵌め込まれています。上顎が下顎より飛び出ています。後頭部は直毛、体表には瘤表現、尾は小さく体に張り付いています。
04



前脚は細く、体の割に頭部が小さく首が細い独特な風貌。阿吽で顔の造作が少し違います。
05



V字眉と卵形の目。阿形は口内が赤く塗られています。
06



尾の下部は線刻の渦巻き、上部は左右に毛筋のある房が体に張り付いています。刻字は「文政五午三月日」。地元石工さんによる神殿狛犬の模倣と思われます。
07



入母屋造平入、軒向拝の拝殿は改築されたばかり。彫刻類はありません。
08



本殿は流造。こちらも彫刻類はありません。
09



本殿裏に高さ42cmの立体的な男女双体神立像。ここまで立体的なサイノカミは初めてです。石質は火砕岩か?
10



本殿の両脇、境内片隅に引退した狛犬2対。盤座下から尾頂まで43cmの出雲式構え型、刻字は「明治廿五年辰九月日」。もう一対は足裏から高さ59cm、丸台座の出雲式座型。
11



引退狛犬の脇の灯籠の刻字は「明治二十五年九月吉日」、「茶畑原村 石工 野口忠藏」。

境内はイチョウ、スギ、マツなど。参籠所前には幹周り実測2.31m、高さレーザー簡易測定15.49mのムクロジ。
12



神社前、道路向かいの片隅にサイノカミ。
13



直径40cmの彫り込み内に双体神立像が線刻されています。
14



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/08/04(日) 23:45:08|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取市北村 「北村神社」 | ホーム | 米子市車尾 「貴布禰神社」の狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search