今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/08/05
鳥取市北村 「北村神社」

県道189(高路古海線)、北村地区の龍松寺の案内に従って進むとお寺への坂道に平行して「北村神社」(鳥取市北村383)の参道。17段上に鳥居、刻字は「明和七庚寅歳五月吉日」と古いです。
01



鳥居からタブノキやスギの木立の間を石段が続きます。
02



最後の石段上に社殿。
03





34段上に入母屋造妻入、軒向拝の拝殿。手前両脇に狛犬。右端に灯籠、刻字は「明和七寅年九月十日」、和は実際は禾の下に口と彫られています。
04



足裏から高さ80cm、出雲式座型。右阿形は子持ち。刻字は「昭和七年一月」。
05



本殿は流造、廻縁に何かいます。
06



向拝虹梁上には龍。
07



正面の扉脇羽目彫刻、右は「鯉の滝登り」、左は題材は不明ですが「松と翁」。
08



正面扉上部、斗栱間には鶴と亀。背面、両側面にも斗栱間に彫刻がありますが、題材は同じで簡単な波頭です。
09



身舎から廻縁に飛び出している脇障子にも彫刻。右は鷲、左は猿、左右合わせて「鷲襲猿図」が題材。
10



さて廻縁上の何かは狛犬でした。右と左にいますが、風貌が全く違うので対ではありません。

右は足裏から高さ24cmの笏谷狛犬。流れる様な直毛のおかっぱが特徴、禿(かむろ)と呼ばれたりします。
11



尾が変わっていて3枚の板が立っています。笏谷狛犬でも見た事がありません。
12



左は足が欠損しているため胴長に見えます。長さは32cm。鼻筋が通り、口元はカエル口、鬣はおかっぱ。
13



真上から。胴体は真っ二つになっていました。尾は掌状が4枚立っています。全体としては変わり狛犬です。
14



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/08/05(月) 22:40:47|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<八頭町橋本 「大江ノ郷テラス」 2019年9月 | ホーム | 大山町豊房 「日間神社」の狛犬>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search