今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2019/08/18
三朝町片柴 「北野神社」 大スギと狛犬

FB友のK氏より、この神社には「田内村石工 勘兵エ」さん作の狛犬がいると聞き何度も参詣し、この日で4回目。

三徳山に向かう県道21、道路に接して右に「北野神社」(三朝町片柴992)の社叢。
01



手前の建物脇を進むと左に直角に鳥居。刻字は「天保十年己亥六月吉日」。
02



鳥居から10m先に随身門、手前右に手水鉢(明和六丑天九月吉日)、門の右には巨木。
03





随身門のすぐ横にスギの巨木、幹周り実測4.91m。
04



8m辺りから横枝がたくさん伸びています。樹高はレーザー簡易測定で30.77m。
05



随身門の両脇に灯籠。灯籠の刻字、右は「明治十二年卯十月日」、左の猫足台座は「明治十九丙戌五月吉日年」。さらに境内右にも灯籠、刻字は「天保五年午九月日」。

随身門から6m先に入母屋造平入、入母屋向拝の拝殿、大きな注連縄。拝殿前両脇のサカキの陰に狛犬。
06



足裏から高さ95cmの浪花型狛犬。堂々とした風格、大きさもかなり大きい。その割に前脚がかわいい。鬣、巻き毛などの彫りは深くなく線刻風。刻字は「萬延元年庚申六月吉日」。
07



浪花型の特徴である飛び出たピンポン玉目、虹彩円が彫られています。口は下顎が極端に下がり、唇は二重の縁取り。鼻は団子鼻。耳は小さめの伏せ耳、その耳の上の大きな丸い塊は房毛? 左吽形には頭頂に枝角。
08



尾は最も特徴的。団扇尾と呼ばれる広がったタイプでこれは7枝。分かれた房先は渦巻き。
09



右に回り込んで本殿脇に狛犬。これがFB友のK氏に紹介された狛犬。対の吽形は本殿の左脇にいます。
10



足裏から97cmの座型狛犬、台座は小判型で足は波形。堂々とした体躯で少し上向きです。
11



耳は小さく完全に後退した伏せ耳。頭部から肩、背中にかけて多くの房。前脚後脚には瘤表現。尾は背中に密着。
12



頭頂はつるんとした半球状。眉毛は八の字、その下の目は窪んで垂れ目。前歯茎をあらわにしています。
13



尾は左右に分かれながら乱れ重なり、全体が体に張り付いています。これは丸尾と呼ばれる尾の形。それにしても大きな尾です。
14



本殿左脇の吽形は残念ながらほとんど形を残していません。刻字は「文政二卯九月」、「石工 久米郡田内 棟梁勘兵衛 湯村 政右エ門 大瀬村 林治良」。
15



勘兵衛さん作の狛犬は県内で青谷町桑原「桑原神社」、倉吉市穴窪「穴窪八幡神社」、そして当三朝町片柴「北野神社」の3例が確認されています。他には真庭市中和「中和神社」の犬像、北栄町東園「東園神社」の灯籠。


本殿は流造、唐破風向拝。
16



向拝虹梁上には龍。
17



向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が獏。
18



側面屋根下の斗栱間には蛙股彫刻があります。
19



右側面、左は椿に鳩、右は竹。
20



左側面、左は梅に鶯、右は桐。
21



背面、左は菊、右は鶴。
22



境内左に幹周り1.89mのイヌシデ。
23



境内はケヤキの大木が多いです。随身門左には大きな葉のシナノガキ。他にクスノキ、タブノキ、カエデ、ツバキ、サカキ、シャクナゲ、マサキ、ホオノキ、ヒノキ、サンゴジュなど樹種豊かでした。

鳥取巨木巡り一覧


鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/08/18(日) 22:16:09|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鹿野町今市 「喫茶アイガー」でランチ 2019年8月 | ホーム | 鳥取市三山口 「三山口神社」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search