今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2019/11/16
南部町宮前 「賀茂神社」の狛犬

FB友のK氏が以前紹介されていた神社を目指します。南部町宮前の県道1、宮前一バス停から脇道に入ると道路脇に金毘羅灯籠、刻字は「文化九壬天四月」。
01



どんどん進んで少し上ると「賀茂神社」(南部町宮前384)の石段横の駐車場に到着、。少し返して生け垣の上り参道を進みます。
02



20m進むとゆるい石段。両脇に灯籠、刻字は「嘉永三庚戌九月吉日」、「星大谷村 石工 儀藏」。
03





19段上ると鳥居、右に社号標、左に手水舎。鳥居背後に石段が続き、上部に随身門が見えています。鳥居の刻字は「安永七戊戌十二月吉日」。
04



なだらかな石段40段上に入母屋造平入の大きな随身門。途中2対の狛犬。
05



石段途中は、高さ79cmの凝灰角礫岩製の座型。
06



随身門前は、盤座下から尾頂まで65cm、出雲式構え型。刻字は「明治四十四年一月吉日健之」、「作人 米子立甼 永島順一郎」。
07



随身門の梁上に蟇股彫刻。右は蓮、左は水葵?
08



天井には色褪せた花鳥草木の格子絵と奉納された合戦絵。
09



潜って12段上ると境内。正面に拝殿。
10



石段両脇石垣上に狛犬2対と灯籠1対。
11



手前は、盤座下から尾頂まで90cm、出雲式構え型の狛犬。阿吽の位置が通常とは逆です。刻字は「明治十六年五月吉日」、「松江和田見町 石工 渡部卯助作」。
12



奥は、高さ95cm、出雲式座型の狛犬。堂々とした体躯。
13



後退した伏せ耳、目は細長。胴体に比して頭部は小さめ。刻字は「文化十二亥九月吉日」、「松江 石工 ■右衞門」。■は刻字はあるが読み切れない。
(2019年11月26日)
K氏の情報によると、狛犬の権威Nさんが■は「幸」と解読されたようです。なので「幸右衞門」。
14



狛犬の後ろの来待石製灯籠が一際目を惹く。中台の四隅に狛犬、笠は入母屋で四面に唐破風。
15



狛犬は中台との一体彫りでそれぞれ形態が変えてあります。刻字は「文化十三子九月日」、並大抵な石工さんではありませんが石工銘はありません。
16



灯籠から7m先に巨大な拝殿。入母屋造平入、正面に千鳥破風を置き、向拝は唐破風。向拝部に彫刻が見えます。
17



向拝虹梁上は牡丹に獅子、その上の破風入りは龍。
18



向拝柱の木鼻は見返りの獅子。
19



本殿は大社造変態。彫刻類はありません。
20



本殿の両側廻縁下に狐像。足裏から52cmの来待石製。後ろにはキツネ穴もあります。刻字は「文政十一子九月」。
21



境内左に日御碕神社、右には仮殿と宝庫。
22



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/11/16(土) 23:19:49|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<南部町市山 「pa cherry b. GELATERIA」、南部町「とっとり花回廊」 | ホーム | 南部町天萬 「キッチンてま里」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search