今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2019/11/19
伯耆町大坂 「大坂神社」

栃原の山口神社から県道209をさらに下って、大阪集落の道路が交差する山手上方に「大坂神社」(伯耆町大坂679)。城壁の様な石垣の上にモミノキとイチョウの高木が見えています。
(注、モミノキと思っていましたが因伯のみやしろにはコガノキと記してありました。ただしコガノキは誤記でツガノキと思います。いつか確認します。)
01



4段上に鳥居と灯籠、背後には高く積まれた石垣が迫り、中央に石段が伸びています。鳥居の刻字は「昭和三年十月吉祥日」、「西伯郡法勝寺村 石工 吉田爲茂」。灯籠刻字、右は「昭和三年十一月吉祥日再建」、左は「文化十一戌九月吉日」。
02



2壇に分けてきれいに積まれた石垣。
03





51段頂部、右に手水鉢、両脇に灯籠と狛犬。3m先に拝殿。手水鉢の刻字は「天保二辛卯九月吉日」。右の灯籠は「寛政十一未二月吉日」、左は「寛政四歳壬子九月十九日」。石段親柱の刻字は「明治十五年旧九月十九日」、「石工 大倉村 住田清治郎」。
04



高さ87cm、丸台座の出雲式座型。上方を見つめる姿勢。毛並みの彫りがくっきりとしています。
05



大きな耳、鋭い牙、豊かな顎髭。
06



太い立尾、力強い毛並み。全体にすばらしい彫りで保存状態もとても良いです。刻字は「天保十二年丑五月吉日」。
07



境内左前端、モミノキの大木の脇に灯籠5基。1基は竿欠損。刻字は写真左から「文化五辰九月吉日」、「寛政十午三月日」、「文政二夘三月吉日」、後ろは「文化九年申二月吉日」。
08



石段正面に切妻造、唐破風向拝の拝殿。手前両脇に灯籠、右は「文化二丒九月吉日」、左は「天明二壬寅九月十九日」。
09



唐破風の破風入りには龍。
10



向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が象。写真は右側向拝柱。
11



向拝の手挟みは牡丹の籠彫り。写真は右側手挟み。
12



正面扉上に蟇股彫刻、彫りは稚拙ですが題材は「猩々」。
13



本殿は大社造変態。正面は覆われて見えませんが、側面、背面の斗栱間に蟇股彫刻があります。
14



右側面は葡萄に栗鼠、左側面は波兎、背面は梅に鶯。
15



印象に残ったのは天保の座型狛犬とこの石垣。
16



鳥取神社巡り一覧


  1. 2019/11/19(火) 23:01:14|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<伯耆町小林 「Cafe うさぎや」 | ホーム | 伯耆町栃原 「山口神社」 モミノキとオオカミ像>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search