今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2020/01/18
岡山県真庭市上中津井 巨木「高岡神社のスギ」

「祇園の天狗大杉」から北へ。国道313号沿いに岡山県で2番目に高い「高岡神社」の鳥居が見えてきます。
01



鳥居を潜って正面に石段、その右に巨木が聳えています。この位置から高さ測定、レーザー簡易測定で40.63m。
02



下から見ると石段右脇の斜面に立っています。
03





真横からの姿。なんと単幹ではなく下部から大きくV字に2分岐し、さらに大きな空洞。まるで引き裂かれた様な感じ。空洞内はかなり大きくほぼ下まで達しています。朽ちる前に倒壊しそう。
04



数段上ると境内への車道が通っていますが、石段はさらに続いています。その車道からの姿。幹周りは目測10m。
05



見上げると、小さな横枝が出ていて意外にも元気。
06



車道をまたいで二の鳥居。はるか上まで石段が続いています。
07



境内まで車で一気に上がりました。改めて随身門前から参詣。石段頂部両脇に狛犬。
08



構え型の狛犬。長い鬣、尾は掌形。刻字は「明治十有四年」、「石工 高梁 藤■新助」。■は「岡」の異体字。
09



石段から8m先に入母屋造平入、唐破風向拝の拝殿。その後ろに弊殿、本殿。さらに背後の一段上に赤い鳥居。
10



拝殿の唐破風懸魚には亀、奥の向拝虹梁上の蟇股は鳳凰。
11



本殿は3間x3間の入母屋造平入、正面に大千鳥破風を置き向拝は唐破風。八棟造とも呼ばれます。
12



正面扉には羽目板彫刻が施されています。右から牡丹、菊、欠損、蒲公英、水仙、水仙。
13



右側面の屋根下の様子。軒下は二軒、持ち上げは二手先斗栱、斗栱間には蟇股彫刻。
14



蟇股彫刻は本殿の4面にそれぞれ3つあります。
正面の蟇股彫刻。左は芙蓉、中央は扁額に隠れて不明、右は牡丹に獅子。
15



背面の蟇股彫刻。左は蒲公英、中央は長い葉の様だが不明、右は椿。
16



右側面の蟇股彫刻。左は梅、中央は菊、右はコウホネ。
17



左側面の蟇股彫刻。左は波兎、中央は瓜、右は椿。
18



本殿裏の石段を上ると四十疫神社、さらに右上に稲荷社。
19



四十疫神社の手前には足裏から耳頂まで58cmの狐像。阿形は玉を、吽形は経文を咥えています。刻字は「明治十有五年壬午六月吉日」。
20


  1. 2020/01/18(土) 22:52:03|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<岡山県高梁市津川町今津 「恋美豆富 雲白」でランチ | ホーム | 岡山県高梁市巨瀬町 巨木「祇園の天狗大杉」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2020/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search