今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2020/03/15
江府町柿原 「高森神社」 オオカミ像

江府町柿原集落の入口辺り、坂道の左に「高森神社」。橋を渡ると石段、その手前右に手水鉢、刻字は「明治廿四年陰暦三月廿六日祭」。場所は江府町柿原1533。
01



12段上に鳥居。手前両脇にオオカミ像と灯籠。鳥居の刻字は「寛政十二庚申五月吉日」、「石工 雲刕母里 小山儀兵衛」、裏に「明治廿三庚寅三月吉日再興」、「石工 當村 加藤幸三郎」。灯籠の刻字は「文化十四年丑二月吉日」。
02



足裏から65cm、花崗岩製のオオカミ像。尾を股下から脇に出した独特なスタイル。
03





台座の刻字は「昭和63年3月」、台座の下の基礎石には「明治廿五年辰三月日」となっているので再建された像です。
04



鳥居をくぐるとすぐに気が遠くなる様な石段が一気に上まで伸びています。
05



ため息をついて、ふと左を見ると藪の中になにやらいます。
06



これは引退した来待石製のオオカミ像。足裏から耳の付け根まで61cm。相棒はすっかり崩れています。
07



尾は股下を潜らせて脇に出ています。再建オオカミはこれを忠実に復元したもの。
08



137段で境内。両脇に灯籠、右背後に手水鉢、左に参籠所、15m先に石段。灯籠刻字は「寛政十一歳己未六月日」、手水鉢は「寛政十二庚申五月日」。
09



3段上に切妻造平入、唐破風向拝の拝殿。手前に新しい狛犬と灯籠。灯籠の刻字は「元治二歳乙丑五月吉日」。新しい狛犬はオオカミ像と同じ昭和63年ですが下の基礎には「文久元年辛酉九月吉日」。
10



唐破風懸魚は菊、破風入りは龍。
11



向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が象。
12



本殿は大社造変態。彫刻はありません。
13



本殿右背後に荒神さん?。その後ろに引退した文久の狛犬。高さ65cmの凝灰角礫岩製。
14



鳥取神社巡り一覧


  1. 2020/03/15(日) 22:15:54|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<伯耆町根雨原 「根雨原神社」 | ホーム | 大山町富長 「食堂幸福」 2020年3月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search