今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り、自作料理

2020/04/09
三朝町笏賀 「笏賀神社」

昨年5月末に鳥居前まで行きましたが、神社への道が分からず地元の人にお聞きしたら、200mほど這い上って行くので止めた方が良いと言われ、時間も無く靴も不十分なので断念。

1年後、改めて参詣。県道205から花倉山への案内に従い進み、左の公民館脇の左道を笏賀(つが)集落へ。集落を過ぎて林道を700m程進むと、右に鳥居が見えてきます。木製鳥居は谷に向かって建っています。扁額は「花蔵神社」。
01



鳥居を潜ると渓流に降る道。
02



下って80cm対岸に社号標「花蔵山笏賀神社」。
03





飛び石を渡って対岸へ。まずは右へ進む、ほとんど道は分からないがゆっくり進む。巾30cmぐらいの道の脇は急斜面。何度かつづら折れると根が剥き出しの場所が現れてきます。
04



両手を使ってよじ登ると狭い稜線を進む事になります。両側とも斜面でかなり下に川が流れています。
05



この稜線の左斜面はホンシャクナゲの群落。足下辺りまで近寄ってきています。少し早かった様で蕾みさえありません。対して右斜面にホンシャクナゲは全く見えません。
06



石と根っこの稜線。斜面もかなり急です。
07



しばらく進むと上方に建物が見えてきて一安心。
08



稜線の途中に少し広場が作られ、参籠所を過ぎると横向きの拝殿。拝殿の前は切り立った石垣でかなり危ないです。
09



拝殿は入母屋造平入、唐破風向拝。
10



本殿は大社造変態。
11



本殿廻縁に高さ30cm、木造の狛犬。いかにも手作りの感じ。
12



本殿右脇に朝顔型手水鉢。刻字は「明治七戌年」。
13



稜線は本殿からさらに上へと続いている様です。少し行って振り返った社殿の様子。
14



帰りは慎重にゆっくりと。シャクナゲの花が見られなかったのは残念でした。神社への道の最奥のお家の庭にシャクナゲが開花していたので、断って見せていただきました。
15



鳥取神社巡り一覧


  1. 2020/04/09(木) 22:48:31|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<三朝町曹源寺 「曹源寺の椋」 | ホーム | 三朝町助谷 「助谷のムクノキ」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search