今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2007/11/24
三朝温泉ぶらり そして 大橋でゆったり

よこりん所用のため、ひさごん一人で三朝温泉をぶらり探訪することにしました。車は、
温泉入り口辺りの河川敷に止めて、まずは最初の足湯に。かじか橋の中央にあるかじか
の湯です。早速入ってみましたが、ぬるくて、なんかいまいちの感がします。まー橋の上
にあるのでめずらしいのですけど。向こうに見える橋が三朝橋、そのずっと奥が、見えま
せんけど恋谷橋。左岸の囲いがしてあるのが、大橋の露天風呂。後程入りました。
01



次は、河原風呂辺りへ。この三朝橋を渡った所の河原に有名な露天風呂があります。今日
は、3人ほど入っておられました。この、横にも足湯があり、こちらは家族連れと女性の
グループがいました。
橋を渡った右には、公衆浴場の菩薩の湯があります。その前に三朝温泉発見の由来が記し
てありました。
近くには陣所と呼ばれる綱引きに使われる葛で作られた巨大な綱が展示してありました。
02



この温泉街らしい狭い道を進んで行きます。
03







こちらが、薬師堂の横の、足湯 薬師の湯です。皆さん入っておられました。
04



さっそく入ってみました。夏場は、熱くて加水して、調整するらしいが、今は熱めですが
良い感じでした。ここで、まったり。
05



そして、前の中屋さんを右に曲がって、少し行けば飲泉所 神の湯のある三朝神社にたど
り着きます。神社では、普通冷たい水のはずですが、ここは正しく温かい温泉なのです。
で、いただいてみましたが、何故か鉄分の味。あの柄杓のかなけなのかも。手すくえば良
かったと思い、やってみましたが、すでに遅し。
06



神社の前には、元湯 株湯の案内がありました。これに、従って行きますと、花屋別館の横
に出ます。花屋さんは、自前で足湯を設置されてました。ご自由にと書いてあるので、また
もや入ってみます。おーーー熱い!! むーーーん熱い!! 苦行でした。
07



ここから川の方に進むと恋谷橋。ここの河川敷も駐車場となっていたので、前回はここから、
株湯に行きました。対岸には、キュリー広場があります。ここにある100円の温泉に
入ってみようかと思っていると、よこりんから呼び出しあり、早速合流するため、駐車場ま
で小走り。よこりんを拾って、再び三朝温泉に引き返し、温泉に入る事にしました。




********************************************************************************




今日は、三朝温泉 大橋さんで立ち寄り湯をいただく事にしました。こちらが、有形文化財
の建物です。
08



こちらの立ち寄り湯は、pm3時からとなっていました。今3時過ぎ、だれも入っていない
かも、さーどうかな。立ち寄り入浴料は、1000円とちょっと高めでした。
大橋自慢の天然岩窟の湯は、女湯となってまーーーす。いつなら、男は入れるんだと詰め寄
るが、夜9時に入れ替えになる。・・・・・つまり9時以降は男湯で、立ち寄り湯は9時ま
で、と言う事で宿泊以外入れません。岩井屋の長寿の湯もそうでした。

さて、このきれいな長い廊下をすすんで、男湯であるふくべの湯に向かいます。
09



こちらが、ふくべの湯です。スリッパが一組あるので、先客があるらしいと思ったら、すで
にお湯から上がられたようです。おーー貸し切りかになるかーー。よしよし、誰もいないの
で、チャンスとばかりに撮してみました。
手前の大きめ湯船は、まあまあの熱さですが、右奥の小さな湯船は熱い。よく見ると、底か
ら相当熱そうな湯がゆらゆら揺らぎながら上ってきます。こちらで、20分程じっとしてま
した。
10



外には檜の展望寝湯があります。そして、生け垣越しに三徳川が見えます。外湯なので、ぬる
いのかなと思っていましたが、そうではありませんでした。誰も入ってこないので、たっぷり
浸かってました。
11



内湯、外湯を行ったり来たりしながら、楽しむ事が出来ました。その内にお客様が、二人いら
っしゃたので、次の露天に移る事にしました。一度着替えて、廊下をさらに進むと、地下の方
へ。こちらが、露天のせせらぎの湯です。
12



こちらも、誰もいません。またもや、貸し切りです。
脱衣所から、さらに2m程下がった所が露天になってます。ほぼ川面の高さになってます。
写真右手が川に面していて、囲いがしてありますが、なんと中央の囲いは全開でした。眺めは
いいですが、対岸からも丸見えだわ。奥の一カ所から、熱い湯が出てましたので、その辺りで
じっとしながら、川を眺めてました。
13




結局小1時間ほど長湯をしてしまいました。よこりんの女湯もかなりの間、貸し切り状態だった
ようですが、最後あたりで、急に増えたようです。よこりんは、小さい時からここに良く来たよ
うですが、この歳になってやっとこの湯の良さがわかったと言ってました。
ひさごん宿泊しなければ、岩窟の湯を経験できないし、土曜の宿泊で9時以降なんて混んでそう
だしなー。

  1. 2007/11/24(土) 22:55:14|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取市青谷 井出が浜 海辺のカフェ デルマー (Del Mar) | ホーム | 鳥北ジャスコ 8 SOUP-YA と 橋本牧場 ジェラート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search