今日もおでかけ

鳥取県の食べ歩き、巨木巡り、神社巡り

2009/05/16
松江 ホーランエンヤ 渡御祭(とぎょさい)

12年に一度、執り行われる松江のホーランエンヤ。幼い時一度観た記憶はあるも
のの、その絢爛豪華さなど少しもおぼえていない。かすかに「あだかえ」と言う所
だった記憶がある程度。

松江で五大地の幟を見たり、報道やネットで紹介される度にどうしても観たくなり、
いろいろ下調べをして、今日 ホーランエンヤ 渡御祭(とぎょさい)にぱるぴと
2人で行ってきました。よこりんはお留守番。

無料駐車場からシャトルバスが運行されると言う事なので、我が家を6時過ぎに出
発。8時前には、無料駐車場に到着。思った程車は止まっていなかったので一瞬、
早く来すぎたかと。シャトルで宍道湖大橋の南まで、そこから徒歩で橋を目指しま
したが、あれーーすでに周囲の川岸には人がいっぱいです。皆さん用意周到に敷物
やパイプ椅子など持参です。今回思ったのは、観覧場所が限られているので、場所
を確保するのが一番。それには、朝早く行くしかないと言う事です。

これは大変とばかり足早に席をさがす。松江大橋の上にやっと小さなスペースを発
見。これ以上うろうろしても空いている所などなさそうなので、橋の上で観覧する
事になりました。我々の場所は、松江大橋と新大橋間の演舞を観覧するのですが、
パンプレットによると、10時45分からとなっています。

そうこうする内に、次々に船が集結する。橋の上から、岸からのかけ声に手を振っ
て応える皆さんはこころなしか緊張されている様子です。今日は生憎の曇りで、橋
の上は肌寒い風が吹いていました。これから2時間強待つ事になり、徐々に身動き
できない状態となります。振り返れば人々々。

10時15分、はたびの合図と共に宍道湖南詰めの集結場所から次々と船が出て行
きます。笛の合図と、ホーランエンヤの唄声、そして拍手がわき起こる。しかし、人々
の頭で船の飾りだけしか見えない。我々の前に姿を現すには、もう少し時間が掛か
ります。
01



いよいよ、時間になりました。船の飾りはあまりにも高いので、一端倒して橋をく
ぐり、そして再び立てられます。先頭は大海崎の櫂伝馬船です。飾りものの準備が
終わると、笛の合図と共に櫂がいっせいにあげられ、力強い唄声と踊りが始まりま
した。
02



それ続くのは、地域のお供の船。
03



続きは少し画像多いです。





次は福富。遠くですが、踊りが見えます。
04



こちらは大井。大きな幟が特徴的。
05



そして矢田と続きます。
06



最後尾は馬潟です。これで、五大地の櫂伝馬船が勢揃いしました。
07



そして、松江大橋から新大橋の間を時計回りに2周する櫂伝馬踊りが始まりました。
08



新大橋からこちらに向かって先頭船が向かってきました。櫂の息もあって綺麗に
水平になっている。
09



先頭船、大海崎の剣櫂(けんがい)。
10



同じく采振(ざいふり)。
11



そして目の前で向きを変えて行く。なかなか良い場所だったようです。なにより、
船が正面から見え、目の前で向きを変え、その姿を鳥瞰できるのですから。
12



2番手の福富の登場。舳先にどっしりと構えているのは水先。そしてとてもよく通
るすばらしい唄い手。
13



福富の剣櫂(けんがい)。型も決まった。
14



同じく采振(ざいふり)。
15



そして太鼓。
15a



三番手は大井(三番船)。一糸乱れぬ櫂。ここまで大変な練習があったと想像でき
ます。
16



目の前での剣櫂(けんがい)の踊り。とてもダイナミックでした。
17



同じく采振(ざいふり)。こちらは2周目。踊り手はそれぞれ2名で交代されてい
ます。
18



四番手は矢田(二番船)。凛々しい剣櫂。
19



剣櫂も漕ぎ手も力強い。
20



同じく采振(ざいふり)。こちらも2周目。
21



目の前で踊り手の交代。
22



最後は馬潟(一番船)。
23



こちらの剣櫂の踊り手は3人。とっても若い方もいらっしゃいます。
24



同じく采振(ざいふり)。彼らはとても若い、幼くみえるぐらいだがすばらしい踊
りでした。
25



漕ぎ手も一生懸命。
26



体を震わせる様な唄と絢爛豪華な櫂伝馬船、そして見事な踊り。あっと言う間に1
時間の興奮は終わりました。伝統を次世代に伝える人達に惜しみない拍手を送りた
いと思います。

ぱるぴが必死で撮った動画です。右下のHQボタンを押して見て下さい。



  1. 2009/05/16(土) 22:56:51|
  2. 巨木・神社・温泉・旅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<米子 フレンチ Tokyo食堂 再訪 | ホーム | 名和 ふじ寺 と 赤碕 活魚ふじ 再訪>>

コメント

素晴らしいレポート、堪能しました。コメントもなかなか細かいところを指摘してあって、それぞれの船の感じがとてもよく分かります。実は、人ごみが苦手なので大橋から直線距150M程のところに住みながらも家でテレビの生中継を見ていました。前回は身内が御神体をお運びする立場だったので衣装替え等の裏方が忙しく見ることが出来ませんでした。今年は辞退したのでさすがに24日は各町内に敬意を表して見に行かなければ!と、このレポを見て思いました。ありがとうございました。
  1. 2009/05/17(日) 21:02:56 |
  2. URL |
  3. しんしん #-
  4. [ 編集]

>しんしんさん

コメントありがとございます。もっとじっくり見ようと思ってはいたのですが、写真とメモであれよあれよと言う間に終わっていました。幼い時の記憶は蘇りはしませんでしたが、新しい感動を得ました。後から報道やネットで地域の方の大変な苦労を知ると、ますます印象深いものとなりました。
しんしんさんは、このすばらしい行事の近くの方の様ですね。ぜひ、お仲間を応援してあげてください。
  1. 2009/05/18(月) 21:02:54 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

渡御祭

相変わらず素晴らしい記事ですね♪
それに、松江大橋の南側の方が船が正面から向かってくるから撮影ポイントじゃないですか!
私たちはそこまで考えていなかったので、橋に到着すると目の前にまだ誰もいない場所があったのでそのまま最後まで動きませんでした。

でも橋の北側は、船がちょうど向きを変えて去って行ってしまう場所なので、ひさごんさん達のようにこんなに良い感じに撮れませんでした。
でも、十分楽しめましたけどね♪

中日祭は、間近に見られるから一番人気あるらしいですよ。
平日なのでさすがに行けませんが…
というか、その前に新型インフルエンザが心配ですよね。
  1. 2009/05/18(月) 22:06:11 |
  2. URL |
  3. ひろか #WVXK0xlc
  4. [ 編集]

>ひろかさん

我々も空いていた場所にすぐ納まった状態でしたので、この場所は偶然です。船の巡回コースを考えるとこの位置はちょうど船が真っ直ぐ向かって来るので、びっくりしました。そこまで考えている人はいないでしょうね。時間的にも、2時間前はぎりぎりだったようです。
橋の上はやはり寒かったですね。しっかり着込んで、傘を携え、食料やらお菓子やらバッグに詰め込んで長期戦覚悟で臨みましたが、敷物も持って行かなかったのが悔やまれました。
久しぶりに興奮、感動しました。
  1. 2009/05/18(月) 23:13:16 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Links

Index

Recent Comments

Category

Archives

Search